日曜劇場『JIN-仁-』に、MISIA王道のバラード

twitterツイート
先日、MISIAがウルトラマンを従えて星空の警備隊を結成するというニュースをお知らせしたばかりだが、今度はドラマタイアップの決定だ。

11月18日発売のMISIA王道のバラードシングル「逢いたくていま」が、10月11日(日)夜9時スタートのTBS系日曜劇場『JIN-仁-』(全国ネット、初回2時間スペシャル)の主題歌に決定した。MISIAのドラマタイアップは約5年ぶりのこと。

◆日曜劇場『JIN-仁-』に、MISIA王道のバラード ~写真編~

『JIN-仁-』は、ある事がきっかけで現代の脳外科医:南方仁が幕末江戸へタイムスリップしてしまうというストーリー。原作は、集英社スーパージャンプで連載されているコミックで、壮大な歴史スペクタクル&SFヒューマンエンタテインメントを大沢たかお/中谷美紀/綾瀬はるか/小出恵介/内野聖陽ら豪華俳優陣を迎えドラマ化したもの。

「逢いたくていま」は、『世界の中心で、愛をさけぶ』『華麗なる一族』『ROOKIES』『MR.BRAIN』と大ヒットドラマを手掛けた石丸彰彦プロデューサーの強い要望によって抜擢を受けたもの。『世界の中心で、愛をさけぶ』に柴咲コウ「かたち あるもの」、『ROOKIES』にGReeeeN「キセキ」…と、石丸プロデューサーが起用した主題歌はこれまでも大ヒットを打ち出している。MISIAの歌がドラマを感動的に守り立ててくれることは間違いないだろう。

「ドラマの壮大なストーリー・画をイメージして音楽を考えた時、圧倒的な力強さと切なさを持つMISIAの歌声しか頭に浮かんできませんでした。誰もが懸命に生きた江戸…、いつの時代にあっても変わらない人が人を想う気持ち…、そしてどこか懐かしく切ない、そんな空気を音でも表して欲しいと思い、MISIAらしい壮大なバラードを作って頂きたいとお願いしました。出来上がった楽曲を聴かせて頂き、ドラマに対しても自信が持てました。必ずやドラマを盛り上げてくれることでしょう。是非歌詞にも注目して頂きたいですし、ドラマで流れる楽曲の一部だけでなく、全体のストーリーとしてもこの「逢いたくていま」を聴いて頂ければと思います。歌詞にドラマのクライマックスのヒントが隠されているかもしれませんよ。」──石丸彰彦プロデューサー

「番組プロデューサーさんから大きなテーマを頂き書き下ろしました。今逢いたいという願いが早く皆さんの元へ届きますように。」──MISIA

「逢いたくていま」はCD発売より1ヵ月先がけて10月18日(日)から着うた(R)配信がスタートとなる。

TBS系日曜劇場『JIN-仁-』
10月11日(日)よる9時放送スタート(初回2時間スペシャル)
プロデュース:石丸彰彦/津留正明
原作:村上もとか『JIN-仁-』(集英社「スーパージャンプ」連載中)
脚本:森下佳子
演出:平川雄一朗/山室大輔/川嶋龍太郎
出演:大沢たかお、中谷美紀、綾瀬はるか、小出恵介、桐谷 健太、田口 浩正、戸田 菜穂、武田 鉄矢(特別出演)、藤田まこと(特別出演)、高岡早紀、六平直政、麻生祐未、小日向文世、内野聖陽
※「スーパージャンプ」(集英社)に連載され、圧倒的な人気を誇る作品。幕末の江戸にタイムスリップしてしまった脳外科医・南方仁が、満足な医療器具も無い環境で人々の命を救っていき、その医術を通して坂本竜馬・勝海舟ら幕末の英雄達と交流を深め、自らも歴史の渦中に巻き込まれていくという壮大なストーリー。

◆MISIAオフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報