monobright、初のドラマ主題歌は三浦春馬主演『サムライ・ハイスクール』

ツイート
10月7日にニュー・シングル「JOYJOYエクスペリエンス」をリリースするmonobrightから、早くも新曲完成の知らせが届いた。しかも、「孤独の太陽」とタイトルされたその新曲は、monobrightにとって初となるドラマ主題歌に起用されたというダブルでうれしいニュース付き。

「孤独の太陽」が主題歌となるドラマは、10月17日よりスタートするNTV系ドラマ『サムライ・ハイスクール』(毎週土曜21時~)。主演の三浦春馬をはじめ、城田優、杏、岸谷五朗など、そうそうたる顔ぶれが出演する注目作だ。

三浦春馬が演じるのは、普段は何事も見て見ぬフリをしてしまう“草食系”男子高校生。しかしいざという時には“サムライ”に変身し、世の中の理不尽な出来事に立ち向かうという痛快エンターテインメント・ドラマ。

『サムライ・ハイスクール』は、大人気ドラマ『ごくせん』クルーが手掛けるドラマということもあり、ドラマのヒットとともに主題歌のヒットにも期待が高まる。

気になるmonobrightの新曲「孤独の太陽」は、グランジ色の強いリフが印象的な楽曲で、悩み多きティーンの心情を描きつつ、それを包み込む暖かい希望の光を感じさせるメッセージソングだという。三浦春馬は「この曲は、“サムライ”を彷彿させるような力強いメロディと、“若者の迷い”を表現した歌詞がドラマの世界観とリンクしていてすごく気に入ってます!この曲を聴きながら撮影頑張ります!」とコメントしている。

また、monobright 桃野陽介(Vocal, Guitar)は「この「孤独の太陽」という曲はサムライ・ハイスクールの台本を読んで作りました。僕も草食男子ど真ん中の現代っ子なので、主人公の心の葛藤みたいのは高校生の時に感じた事があって。僕にとって孤独っちゅうのは真っ暗なイメージがあるんですが、人間はみんな孤独を感じるし、何で自分だけと、しょっちゅう感じるし。でもそれは 自分の持っている輝いてる部分に気づいてないだけで、全然乗り越えられるものだと思う。誰しもがぶつかる見えないモヤモヤな壁、そんなイメージを曲にしました。monobrightにとっても新たな音楽が出来て良かった」と手ごたえを語っている。

monobright ONE MAN LIVE 2009
<BRIGHTEST HOPE>
●10月12日(月・祝) 大阪 なんばHatch
開場 17:00 開演 18:00
1Fスタンディング / 2F指定
料金 3,000円(税込・ドリンク別)
(問)清水音泉(06-6357-3666) www.shimizuonsen.com
◆チケット詳細&購入ページ

●10月18日(日)東京 日比谷野外大音楽堂
開場 17:00 開演 17:30
全席指定
料金 3,300円(税込)※雨天決行・荒天中止
(問)VINTAGE ROCK(03-5486-1099)www.vintage-rock.com
◆チケット詳細&購入ページ

「JOYJOYエクスペリエンス」
2009年10月7日発売
【初回生産限定盤】DFCL-1594 ¥1,223(tax in)
【通常盤】DFCL-1595 ¥1,020(tax in)
M1「JOYJOYエクスペリエンス」
M2「STEREO FREAKS」
※FM802レギュラー番組「MUSICFREAKS」(http://funky802.com/radiostar)で、リスナーと共に制作したRADIO SONG!
※初回生産限定盤のみ ライブ音源3曲収録&<JOYJOYステッカード>封入

◆monobrightオフィシャル・サイト
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス