ビヨンセパパに不倫スキャンダル。

ツイート

ビヨンセ(Beyonce)の父親であり、彼女が所属するMusic World Entertainmentの最高経営責任者でもあるマシュー・ノウルズ(Matthew Knowles)が、彼の子供を身ごもったという女性から認知訴訟を起こされた。

父親認知訴訟を起こしたのは、カナダ人女優のアレクサンドラ・ライト(Alexsandra Wright)。ライトは現在妊娠6ヵ月で、その子の父親がマシュー・ノウルズであるという。マシュー側からはまだ何のコメントもない。

マシュー・ノウルズは、スタイリストのティナ・ビヤンセ(Tina Beyince)と結婚して29年。ビヨンセとソランジュ(Solange)の2人の娘がおり、共にアーティストとして活躍している。マシューは以前に、デスティニーズ・チャイルド(Destiny's Child)のメンバーであるケリー・ローランド(Kelly Rowland)の実の父親であると、ラジオDJのミス・ジョーンズ(Miss Jones)にブログで書かれたこともある(ケリーは否定)。

◆ビヨンセ Artist Info(notrax)
◆ビヨンセ Artist Video(notrax)
text by notrax
この記事をツイート

この記事の関連情報