レッド・ツェッペリン、40年の軌跡を完全網羅した豪華書籍

twitterツイート
1980年にドラマー、ジョン・ボーナムの事故死で活動を止めるまで、音楽界の最高峰に君臨し続けた偉大なバンド、レッド・ツェッペリン。彼らの結成40周年を記念し、その軌跡を完全網羅した豪華書籍が発売された。

◆40年の軌跡を完全網羅した豪華書籍が登場~写真編~

タイトルは『WHOLE LOTTA LED ZEPPELIN』。デビュー時から解散、2007年の再結成までのバンドの姿を、ステージの写真だけでなく、ポスターやチケット、新聞の切り抜きなどヴィジュアル要素満載で映し出す。また、全アルバムの解説、制作秘話や当時のマネージャー、担当プレス、ハートのアン&ナンシーなど彼らをよく知る人物たちの談話も盛り込みながら、偉大で華々しいバンドの軌跡を満喫できるファン必携の一冊だ。著者はジョン・ブリーム。1975年以来数多くの雑誌や新聞などでポップ・ミュージックについて論評している論客だ。

これは、ファンにはたまらない。いままで知らなかった事実が著者によって明かされているのはもちろん、よくも保存されていたと感心する当時のコンサート・ポスター、そしてチケットの半券などなど、一冊の本が博物館に感じられるほどの収集量。そして、他アーティストからのメッセージや証言は、そのミュージシャンがその後歩んだ道を考えながら読むと、いっそう興味深いものとなる。意外な人物が意外なことを言ってたりして、「へぇ、この人、ツェッペリンをそう見てたんだ」と感心することしきり。

また過去から現在までの写真を見比べるのも面白い。歳月というのは残酷なものだと感じるか、良い年齢の重ね方をしていると感じるかは見る人次第。「この写真って、昔、○○誌に載ってたよ!」と、自分の若かりし頃の思い出に浸る人も多いのではないだろうか。

さらに、なんとメンバーのサイン入りギター5台のプレゼントがあるのもうれしいところ。ギターごとにサインをしているメンバーが違っており、ジミー+ロバート、ジミー+ロバート+ジョン、ジミー+ロバート+ジョン+ジェイソンという3種類のどれかが入るようになっている。しかし、そのギターが、ストラト、テレキャス、SGなのは何故?レスポールがよかったな…などと注文をつけてしまうのは贅沢というものか。ナマのサイン入りというレアなアイテムなのだから、謹んで受け入れようではないか。

とにもかくにも、ファンは必携。夜にチビリチビリとお酒を舐めながら、1ページ1ページをめくって楽しんでみよう。偉大なロックバンドが残した功績のあまりの崇高さに、感激できるはずだ。

『WHOLE LOTTA LED ZEPPELIN』
ジョン・ブリーム著/上西園誠訳定形外/上製
定価:3990円(税込)10月8日発売
発行:ソフトバンク クリエイティブ株式会社
(C)SOFTBANK Creative Corp. All rights reserved.
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon