シャイン続報、父のベリーズ首相が特赦要請。ディディとは……?

ツイート

8年以上服役からようやく出所と思いきや、生国ベリーズへの強制送還の危機にあるラッパー、シャイン(Shyne)。ベリーズの首相である彼の父親は米国の関係者に特赦を求めているという。

シャインは1999年に起きたクラブ内での発砲事件で有罪を宣告され服役。彼の父親で現在ベリーズの総理大臣を務めているディーン・バーロウ(Dean Barrow)は、米政府の関係各方面に働きかけ、さらにニューヨーク州のパターソン知事(Gov. David Paterson)には直接手紙を送ったというが、いまだに返答はないとのこと。

一方、当の本人であるシャインは、裁判ではまったく助けてくれなかったことから不和となった元所属レーベルオーナーのディディ(Diddy)についてのコメントを弁護士を通じて発表。ディディが先日ラジオに出演し、「シャインと電話して話した」と和解を示唆したことについて、「彼と俺は話してなどいない。彼は電話してきたことも訪ねてきたこともないし、自分も彼の電話や訪問を受け入れたりはしない。そんなことが起きるのは、彼が事件の被害者に相対し、すべきことをした場合だけだ」と痛烈な返答を寄せている。

◆シャイン Artist Info(notrax)
◆シャイン Artist Video(notrax)
text by notrax
この記事をツイート

この記事の関連情報