コーラスグループのジャギド・エッジ、新作は来年。

ツイート

いまでは数少なくなった男性コーラスを前面に出したR&Bグループ、ジャギド・エッジ(Jagged Edge)が新天地Slip-N-Slide Recordsから移籍第一弾シングルを発表した。

新曲"Tip Of My Tongue"はグッチ・メイン(Gucci Mane)とトリーナ(Trina)のラッパー2人をゲストに迎えた曲。手がけたのはマイアミの新鋭プロデューサー、マッド・スクリューズ(Mad Skrews)で、アート・オブ・ノイズ(Art Of Noise)の1983年のシングル"Moments In Love"をサンプリングしている。ニューアルバム"The Remedy"は来年発売の予定。

ジャギド・エッジは、人気プロデューサーのジャーメイン・デュプリが自身のSo So Defから送りだし、1998年にデビューした男性4人組のコーラス・グループ。2008年にはSo So Defを離れ、彼ら自身が立ち上げたFive 81 RecordsがSlip-N-Slide Recordsと契約したことを発表していた。今後は各メンバーのソロ活動も予定されている。

◆ジャギド・エッジ Artist Info(notrax)
◆ジャギド・エッジ Artist Video(notrax)
text by notrax
この記事をツイート

この記事の関連情報