宮原学が3ピースバンド“KISSAMA”として活動を再開

ツイート
1986年にソロデビュー、1990年にはBABY'S BREATHを結成、その後は数多くのトップアーティストのセッションやサポートとして、日本の音楽界で活動を続ける宮原学が、約10年ぶりにメインアクトとして表舞台に凱旋。小田原豊(Dr)、西山史晃(B)という盟友とともに必要最小限の3ピースバンド“KISSAMA”として活動を始めることを宣言した。

◆宮原学が3ピースバンド“KISSAMA”として活動を再開~写真編~

宮原学は、1992年に自身の活動を休止した後は、CHAR、金子マリ、二井原実、野村義男など数々のセッションに参加。LAへの単身渡米からの帰国後は、矢沢永吉、相川七瀬、近藤真彦などのサポートギターを務めてきた。

小田原豊は、3rdアルバムからレベッカに参加、その後は桑田佳祐、浜田省吾、斉藤和義、ゆずなど多くのミュージシャンのレコーディングやライヴで活躍。また西山史晃は1985年にROGUEにベーシストとして参加し、1991年にはKNiFeのヴォーカル/ベースとして活動。その後は氷室京介、川村カオリ、清春などのサポート&プロデュースを行っている。

こんなロックを知り尽くした3人が、停滞気味の今の時代に喝を入れるべく、ロック最前線に帰ってきたのだ。

KISSAMAは11月4日(水)、渋谷 O-Westにてワンマンライヴを行なう。この日は、KISSAMAのワンマンでの演奏はもちろんのこと、目玉が2つ。

まず一つは、レベッカのメンバーと宮原学が組んだ伝説のバンド“BABY'S BREATH”が一夜限りで再結成される。メンバーは、宮原、小田原のほかに、高橋教之(B)、是永巧一(G)、柴田俊文(Key)。

もう一つは、会場にてDVD、CDが先行発売される予定だということ。宮原学がシーンへ戻るドキュメントと、すでにJ Sport ESPN『X-Music TV Mix』のテーマソングとして流れている「Higher ground」「Today is the day」が収録されるとのことだ。

彼らは現在、1stアルバムをレコーディング中。ボトムの太いストレートなサウンドを届けてくれるという。長く追いかけ続けているファンは、いましばらく、リリースの情報を待っててほしい。

<ライヴ・スケジュール>
10月16日(金)福岡CB
11月4日(水)渋谷 O-West

◆KISSAMAオフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス