吉田拓郎のラスト全国ツアーの音源がCD化される。

2009年6月から“最後の全国ツアー”と称したツアー<ブルボン Presents TAKURO YOSHIDA Have A Nice Day LIVE2009>をこなしていた吉田拓郎。しかしツアー最中の7月8日、グランキューブ大阪でのリハーサル中に体調不良を訴え公演中止。さらにその後、復帰予定だった静岡・つま恋、東京・NHKホールの公演も「慢性気管支炎」が完治せず、相次いで中止となった。

◆吉田拓郎のアーティスト写真&ライヴフォト

そんな吉田拓郎の、結果的に本ツアーの最終公演となってしまった7月4日の東京国際フォーラムAでのライヴ音源が、11月11日にアルバム『18時開演~TAKURO YOSHIDA LIVE at TOKYO INTERNATIONAL FORUM~』として発売されることが決定した。CDは3枚組で、公演の全演奏曲に加えてオープニングサプライズ曲、MCまで全てをノーカット完全収録。総収録時間は2時間30分を超えるという。そして特典DVDには、「ある雨の日の情景」と「無人島で…。」の未発表映像を収録する。

さらに10月20日、つまり今夜22時から放送されるニッポン放送「吉田拓郎のオールナイト・ニッポンGOLD」に本人が出演し、今回のツアーに込めた思いや現在の心境などを語りながら、その最終公演のライヴ音源を初オンエアすることが決定した。


以下、今回の作品について、吉田拓郎との一問一答。

── 特典DVDに収録されている2曲を選曲された理由は?
吉田拓郎:今季のツアーが順調であれば<つま恋ライヴ>だけ特別に“この2曲”を追加する予定でした。

── レコーディングその他制作業務には立ち会われたのでしょうか?
吉田:今回のライヴCDについては“全行程に”たずさわりました。

── 体調はいかがでしょうか?
吉田:ツアー中止を決定した当時からすれば、考えられないほど回復しました。現在は元気だった時と変わらない日常を送っています。

── 外出とかはされてますか?
吉田:ツアー中止で“思いのほか、騒ぎが大きくなり”当初は気分的にも外へは“出にくい”状況が続いていましたが、この頃は妻とよく出かけます。

── 今回のリリースに関しての思いは?
吉田:“東京フォーラムのライヴ音が収録してある”という事をエイベックス社から知らされて(僕は知りませんでした)ためしに聴いているうちに、“もしオープニングからアンコールまでMCさえも一切をカットしない!”のであれば“これはぜひファンの方々にも届けたい楽しい一夜の夢だ”と思い発売を決めました。おまけにツアーでやっていたオープニング前のサプライズライヴまで収録されています。コンサート会場では、こういう風にして時間が流れていくのだ! という2時間半あまりを楽しんで欲しいです。

<ブルボンPresents TAKURO YOSHIDA ARTIST GALLERY TAKURONICLE1970 - Just now>
40年の秘蔵・伝説写真展示、映像、衣装展示、CD&グッズ販売。
※本人の稼働はありません
2009年11月23日(月・祝)~12月13日(日) FM FUKUOKA GAYA(イムズ8F)
2009年12月17日(木)~12月27日(日) そごう広島店
2010年1月2日(土)~1月11日(月・祝) 西武百貨店 池袋店
2010年1月13日(水)~1月19日(火) 松坂屋 名古屋本店
2010年4月1日(木)~4月7日(水) 東急百貨店 札幌店

◆iTunes Store 吉田拓郎(※iTunesが開きます)
◆アルバム『18時開演~TAKURO YOSHIDA LIVE at TOKYO INTERNATIONAL FORUM~』の収録曲・CD情報
◆吉田拓郎 オフィシャルサイト