マドンナ、「Like A Virgin」がかかると不機嫌に

ツイート
マドンナがお客として現れると、店員は気を利かせ、彼女の曲を流し始めることがよくあるという。しかし、マドンナがそれを喜ぶかは別問題。機嫌をよくするどころか、逆効果のようだ。

彼女は『Rolling Stone』誌にこう話した。「自慢するわけじゃないんだけど、お店なんかに入ると、いつもわたしのオールド・ソングがかかるの。もうウンザリしてる曲ばかりなのよ。だから“お願いだから、やめてくれる?”って言ってるの。どういうわけかみんな、レストランへ行ったり買い物してるときには自分の曲を聴きたいに違いないって思っている。たいてい“Like A Virgin”なのよ。それこそ、聴きたくないものなのに」

マドンナ関連ニュースとして、YahooミュージックUKによると、マドンナの隣人が彼女を騒音がひどいと訴えたそうだ。マドンナがNYに所有するアパートメントの上階に住む女性によると、マドンナは自室を“リハーサル・ルーム”として使用。音楽や振動に悩まされているという。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報