メイス、ディディに生放送で契約解除を迫る!?

ツイート

90年代、独特のとぼけた味のあるラップで活躍したBad Boyレーベルのラッパー、メイス(Mase)が、レーベルオーナーのディディ(Diddy)が出演中のラジオの生放送中飛び入り。なんと契約解除の書類へのサインを迫るという椿事が起きた。

これはディディ率いる新グループ、ダーティ・マネー(Dirty Money)がプロモーションのために米アトランタのラジオ局V103に出演した際、メイスが飛び入り参加したことから始まったもの。その模様はすべてメイス側に協力したshudduptvが撮影しており、ネットに公開されている。この飛び入り放送はディディとメイスの共演曲が放送されるなど和やかな空気でスタート。そのなかでメイスが書類を取り出し、「自由」を求めてディディにサインを迫り、ビジネスに厳しいことで知られる彼がなんとその場でそれに応えるという驚きの展開を見せた。

後になって関係者が語ったところによると、これはメイスとBad Boyの契約解除を決定する書類ではなく、単に彼が自由に他アーティストの楽曲に参加することを認めるというものだったとのこと。一時はG-Unit Recordsからのリリース情報もあったメイスだが、今後も再起を狙っているのは間違いないようだ。

◆メイス Artist Info(notrax)
◆メイス Artist Video(notrax)
text by notrax
この記事をツイート

この記事の関連情報