ナズ、所得税滞納で2億円以上の支払命令。

ツイート

7月、R&Bシンガー、ケリス(Kelis)との離婚調停で月額約400万円もの支払を命じられているラッパーのナズ(Nas)にまたしても金銭トラブルが持ち上がった。今度は米政府の税徴収機関IRSが、ナズの2006年から2007年にかけての所得税の支払い漏れを指摘、2,584,206.31ドル(約2億3千万円)もの徴収命令を受けていることが明らかになった。

2006年といえば、ナズがアルバム4枚のリリースを含む数億円規模の契約をDef Jamと結び"Hip-Hop Is Dead"をリリース、翌2007年にはベストアルバムを発売するなど精力的にリリース活動を行っていた時期にあたるため、このような高額徴収になったと思われる。

関連して、先月にはそろってイベントに出席するなど関係修復が報じられたナズとケリスの2人だが、離婚調停の次回審問は11月20日に予定されている模様。

◆ナズ Artist Info(notrax)
◆ナズ Artist Video(notrax)
text by notrax
この記事をツイート

この記事の関連情報