AKB48、新曲「RIVER」で見せた戦闘服での勇ましい姿

ツイート
10月21日にリリースされたAKB48の14枚目のシングル「RIVER」が、前作「言い訳Maybe」に続きオリコンデイリーチャート1位を獲得した(10/20付)。劇場盤は予約の段階で完売していることもあり、初日の推定売上枚数は87,795枚で、2位と約66,000枚もの差をつけて首位を獲得。それだけに、今回はファンも心待ちにしていたであろう悲願のウィークリー1位も期待できそうだ。

◆「RIVER」PVフル視聴
◆14thシングル「RIVER」選抜メンバーの写真

8月にリリースした前作「言い訳Maybe」は、自己最高のオリコンウィークリーチャート2位を獲得(デイリーでは初の1位を獲得)。9月にはニューヨークで初の海外単独公演を行ない大成功に収め、10月にはフランス・カンヌで開催された国際テレビ番組見本市(mipcom)でパフォーマンスを行なうなど、とにかく勢いづいている。

そんなAKB48のこれまでのミュージック・ビデオといえば、学園・学生をテーマに、元気でカラフルなアイドルらしい作品が主だった。が、新曲「RIVER」のミュージック・ビデオは、これまでのAKB48の印象とは一味違う、クールでかっこいい映像に仕上がっている。

今回の選抜メンバーは、前田敦子、高橋みなみをはじめとする16名。「RIVER」は、夢に向かって頑張る君への応援ソングで、夢を叶えるためにぶつかる壁や試練を“川(RIVER)”に例え、流れが速くて時に溺れても、諦めずに前へ進めば、いつか向こう岸に辿り着ける(=願いが叶う日が来る)ということを歌っている。“根性を見せろよ!”“弱音吐くなよ”“自分に言い訳するんじゃねえ!”と、アイドルらしからぬ男勝りな言葉で歌うAKB48がまた新鮮だ。

ミュージック・ビデオは航空自衛隊の協力のもと、埼玉の入間基地で撮影が行なわれた。ヘリコプターをバックに全員で踊るダンスシーンのほか、川、ジャングル、基地の3つのシチュエーションが盛り込まれている。戦闘服に身を包み、ボーイングのタンデムローター式ヘリコプターCH-47J(LR)に乗り込むメンバーたちの姿からは、勇ましさを感じるほど。ちなみに、戦闘服は用意された衣装だが、身に着けている小道具は、実際に自衛隊が使用しているものを借りて撮影したという。小道具の重さで走っているときに転んでしまったりと、体を張った撮影となったようだ。

そして、映像の最後にメンバーがピンクの花を見つめているシーンが登場するが、この花が幾多の試練を乗り越えた先に辿り着く「幸せ」を示している。今回のミュージック・ビデオでは、メンバーの笑顔さえ少ないが、まっすぐ真剣な眼差しで前に進む、AKB48の凛とした姿を見ることができる。なお、カップリングには、アンダーガールズによる「君のことが好きだから」、シアターガールズによる「ひこうき雲」が収録されている。

かわいいだけじゃない、これからのAKB48に注目だ。

「RIVER」
【通常盤】(CD+DVD)KIZM-43~44 ¥1,600(税込)
2009年10月21日発売

◆AKB48オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報