あの北見熊の助が、満を持して全国デビュー

ツイート
道産子から圧倒的に支持されているという北海道出身の謎の男が、満を持して全国デビューする。その男の名は北見熊の助さん、57歳。地元・北海道で観光案内を生業とするこの男、北見熊の助さんが、北海道の名所・名物を四季の移ろいとともに紹介するのが、ご当地ソング「ほ・ほほほの北海道」だ。

◆北見熊の助 画像集

2005年に吉幾三プロデュースによって、“北海道限定他都府県持出厳禁曲”として同曲でデビューした彼は、すでに道産子の間では知らぬ者はいないと言っても過言ではないほどの人気と知名度を誇っている。しかし、その正体(?)は、北海道限定デビューをして4年も経つが未だに謎。ただ、すすきののとあるクラブで飲んでいるときに、偶然、演歌界の大御所であり革命児でもある吉幾三と出会い意気投合。吉の「金が稼げるから!」の一声でデビューを決意したという(そして今は自分の決断を後悔しているとも…)。

今回の全国デビューにあたり、北見熊の助さんはこう語る。

「北海道だけだ!って言ってたのに…どこの誰が全国発売にしたんだ! 俺は忙しくてキャンペーンなんて出来ネェーぞ! もう誰も信じネェ! もう歌いたくない!」── 北見熊の助さん(観光業)

顔出しなし、コンサートやキャンペーン・メディアへの露出一切なし、やる気もあまりなし。そんな“俺(お)らこんな歌手いやだぁ~”と思わず言ってしまいそうなほどに気難しい北見熊の助さん。もっと彼について知るべく、プロデューサーである吉幾三氏に聞いてみた。

「私の曲が今ひとつヒットしません。そこで他人の歌っている曲の権利で食いつなごうと考えました。熊の助君には、何の罪もありません。ご本人には誠に申し訳ないと思っております。」── 吉幾三(歌手・プロデューサー)

なんということだ。北見熊の助さんは吉幾三プロデューサーが食いつなぐための権利ビジネスの歯車のひとつだったのだ! …と、まぁそんなことはさておき、演歌専門着うた(R)・総合情報サイト「携帯で演歌」では、そんな北見熊の助の「ほ・ほほほの北海道」「Oh! Souda Bear」「すすきののP~!」「オヤジの独り言」の4曲を11月4日のCD発売に先駆けて、10月21日より着うた(R)を好評独占先行配信中だ。

♪よろすぐねっ!

▼「携帯で演歌」QRコード

◆明日の演歌(「携帯で演歌」スタッフブログ)
この記事をツイート

この記事の関連情報