道端アンジェリカ、バブルガムブラザーズのアルバムで下着姿を披露

twitterツイート
赤い下着にハイヒール、腰に手をあてこちらを見つめるスタイル抜群の美女…と、それに目もくれないバブルガムブラザーズ。一体この下着美女は誰? この写真は何?

◆スタイル抜群、道端アンジェリカの下着姿

これは、11月25日に発売されるバブルガムブラザーズの16年ぶりとなるオリジナル・アルバム『DA BUBBLEGUM BROTHERS SHOW~多力本願~』のジャケット撮影での一幕で、大胆な下着姿の美女は、ファッションモデルとして活躍する道端カレン、ジェシカの妹でトップ・モデルの道端アンジェリカ。今回自身初となるアルバム・ジャケットへの参加を果たした。

1993年に発売された『TO OUR BROTHER』以来、16年ぶりとなるバブルガムブラザーズのアルバムには、2008年12月に発売した再デビュー・シングル「Daddy's Party Night」、10月14日に発売した新曲「MORNIN'…feat.Metis」など、ボーナストラックを含め全15曲が収録されている。

なかでも目玉は、1990年に発売され、大ヒットを飛ばした「WON'T BE LONG」のニューヴァージョン。オリジナルでは歌っていなかったブラザー・トムのパートが加わり、新たなアレンジで生まれ変わった。この曲を入れることを最後まで反対したというブラザートムは、「タイトルが「WON'T BE LONG~Roots~」。こうまで言われたら歌うしかないでしょ」とコメントしている。

そのほか今作には、鈴木雅之とブラザーコーンのコラボ曲や、久保田利伸と青山テルマのコーラス参加曲、童子-T、BENI、Metisが参加した楽曲も収録。アルバムタイトルで堂々宣言している通り、様々なジャンル・世代のアーティストとの豪華コラボレーションを実現した、まさに“多力本願”な(?)作品なのだ。

そして、アルバムの大切な顔となるジャケットのモデルに選ばれたのが、ファッション誌『Scawaii』の専属モデルで、ランジェリーブランド「PEACH JOHN(ピーチ・ジョン)」のモデルも務める道端アンジェリカ。ジャケットでは彼女の美しい脚だけを見ることができるが、CD内のブックレットでは、下着姿の彼女の全身を見ることができる。

アンジェがジャケットに参加してくれたことについてブラザー・コーンは、「アンジェ自らが駆け付け、下着姿を披露してくれた!! 日頃から我々のライヴ等に顔を出してくれたり、よき妹分(娘?)としても可愛がっているアンジェが、俺達のために『私、マジで出ちゃいます!』なんて感じで本当に出ちゃってくれましたぁ~! 惚れてまうやろ~~ってか惚れました❤❤❤❤❤❤」と語っている。

ちなみに、ブラザー・コーンは、「我々よりチョーメジャーで売れまくっている素晴らしいアーティスト達が、こんないい加減な我々のために参加してくれた。こんなチャンスは、もう二度とないだろう! これで売れなければ、確実にゲストミュージシャンの責任だ!!!」と、徹底した多力本願ぶりを見せている。ま、バブルガムブラザーズらしいというか、なんと言うか…。

◆道端アンジェリカ コメント
「コンさ~ん❤ トムさ~ん❤ 2人とも大好き~❤ バブル最高っ子テンショ~ン❤ 昔から世代関係なく皆から愛されて、いつも音楽と共にいるお二人をすごいと思いまぷ❤ これからもバブルを一生応援してま~ぷ❤❤」

◆鈴木雅之コメント
「選手宣誓!! 我々バブル好きミュージシャンは、ソウル精神にのっとり二人と弾けることを誓います!! 復活バブルに参加できて「冠じろう」!?でございます。やっぱこんな時代だからこそ、世の中バブル!!にならなきゃ♪ 選手団代表“ソウルの一節太郎”鈴木雅之」

◆久保田利伸コメント
「20年前のあの日、排他的だったはずのアポロシアターは、KONEさんのひたむきな「Sex Machine」に大喝采を浴びせ、TOMさんのMike Catchingに大爆笑した。兄貴たちの偉大さは、そこにあります。このアルバム、呼ばれなくたって参加しに行きましたよ!」

◆青山テルマ コメント
「今回バブルガムブラザースさんとコラボレートできて、本当に素敵な経験をさせていただきました。久保田さんにも一緒にスタジオに入ってセッションできたのも本当に楽しかったし、すごく今回のコラボレーションは光栄でした! 凄くノリノリで、まさにバブルガムブラザーズさんの色に染まった楽曲に自分の声がのせれて本当に嬉しかったし、みんなで素敵な作品が作れたんじゃないかなって思います!!!」

◆ Da Bubblegum Brothers オフィシャルサイト
◆ Da Bubblegum Brothers ユニバーサルミュージック公式サイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon
amazon

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス