あのティンバランドの“衝撃”、第2弾。

ツイート

2007年に発表した前作"Shock Value"が世界中で大ヒットしたプロデューサーのティンバランド(Timbaland)が、かねてより噂の続編を来月にようやく発表するようだ。

ティンバランドのソロ名義としては3枚目のアルバムとなる"Shock Value 2"は、前作同様にさまざまなジャンルから多くのゲストが参加している。すでにリークされている音源だけでも、シャキーラ(Shakira)とリル・ウェイン(Lil Wayne)が参加した"Give It Up To Me"、ドレイク(Drake)が参加した"Say Something"、ジャスティン・ティンバーレイク(Justin Timberlake)が参加した"Carry Out"、ケリー・ヒルソン(Keri Hilson)とジェイ・Z(Jay-Z)が参加した"Rumors"など非常に豪華。 他にもブランディ(Brandy)、ケイティ・ペリー(Katy Perry)、マイリー・サイラス(Miley Cyrus)、フレイ(The Fray)、ニッケルバック(Nickelback)のチャド・クルーガー(Chad Kroeger)など多彩な面子の名前がアナウンスされている。アルバムからのリード・シングルはティンバランドが新たに送り出すパリ出身の新人、ソーシャイ(SoShy)を迎えた"Morning After Dark"で、今月26日にデジタル配信が開始される。"Shock Value 2"は全米で11月23日発売予定(日本盤は12月2日予定)。

◆ティンバランド Artist Info(notrax)
◆ティンバランド Artist Video(notrax)
text by notrax
この記事をツイート

この記事の関連情報