寺田恵子が語る「西寺実、そして寺田恵子のこれから」4/4

ツイート
──西寺実の次の活動予定は、決まってるんですか?

◆寺田恵子が語る「西寺実、そして寺田恵子のこれから」4/4 ~写真編~

寺田恵子:二井原がラウドのツアーをやってるから、それが終わったらミーティングして、次のアルバムの制作準備に入って、年内にはレコーディングできたらいいねという話になってる。それで、来年早々またツアーができればいいな。

──3人の設定は、次も続くんですか? それとも、新しい設定になる?

寺田恵子:一応、今回は江戸時代という設定なんだけど、もしかしたらタイムカプセルを見つけて、未来に行くかもしれないし、過去にさかのぼるかもしれない。それは、次のミーディングの議題かな。でも、どこにでも行けると思うし、何でもできると思うんだ。実は、ツアー中から、「次はこんな感じがいいね」とか「こんなのも面白いよね」っていうアイデアが、みんなの中から出てきてるんだ。また冗談半分で話しながら、だんだん固まっていくんだと思う。

──次のミーティング次第なんですね。

寺田恵子:それまでは、ラウドネスだったり、シェイカーだったり、わたしはミュージカルとSHOW-YAだったり、自分たちのことで忙しいからね。

──9月は「ROCK'N JAM MUSICAL 2009」というミュージカルに、出演なさってたんですよね? 寺田さん、ミュージカルはよく出てるんですか?

寺田恵子:ううん、これだけ。

──いろいろな部分で、バンドとは違いますよね?

寺田恵子:全然違う。でも、わたしは他の役者さんと違って、演出さんから「好きにやっていい」と言われてるから、みんなで一緒にやる決まりごと以外は放置プレイなんだよね。ミュージカルって仁王立ちになって歌うっていうイメージがあるけど、わたしは役の枠から外れさえしなければ、何でもいいよっていわれてるから、他の人たちよりは全然楽。

──SHOW-YAの活動予定は?

寺田恵子:今、曲作り。時代にあわせるよりも、SHOW-YAらしい曲を作ろうと思って、昨日も全員でミーティングしてた。武道館めざして、頑張るんだ。

──いいですね~。

寺田恵子:とにかく今の目標を何にするか?って考えた時に、「アルバムを作って、武道館をやる」って、みんなで決めたんだよね。ミュージカルが終わったら本格的に曲作りをして、アルバム作りに入りたいと思ってる。

──西寺実も、SHOW-YAも、楽しみですね。

寺田恵子:あと、ソロをやりたいと思ってるんだ。それは、完全にアコースティックで。

──ライヴとか決まってるんですか?

寺田恵子:まだ何も決まってないけど、わたしはアコースティック一本でどこでも行こうと思ってる。友達のライヴに呼ばれたら、行って歌うということは、ちょこちょこやってるの。

──自分でギターを弾くんですか?

寺田恵子:弾くよ。実は、ライヴも結構やってるんだ。デパートの広場とかでも、ギターを一本持って行って歌うんだ。完全に一人でギターを持って歌うこともあるし、ミッタンとサトちゃんと一緒にやったり、キーボードの子を連れてピアノとヴォーカルでやったり、いろんな形でやってる。

──どんな曲をやるんですか?

寺田恵子:海外のカバー曲と日本のカバー曲と、童謡。デパートだと子供が多いので、子供向けに「もりのくまさん」ロックンロール・バージョンとか、ブルージーな「ぞうさん」とか、暗黒な「おもちゃのマーチ」とか、童謡をアレンジして歌ってるの。

──童謡をロック・アレンジで歌うというのは、他にないですね。

寺田恵子:由紀さおりさん姉妹が童謡を歌ったりしてるんだけど、ロック・ミュージシャンで童謡を歌ってる人っていないんだよね。でも、ロックが好きな人で結婚して子供がいる人はいっぱいいるし、その子たちに聞いてもらえたらいいなと思ってる。それはSHOW-YAではできないし、西寺実でも出来ないから、ソロでやっていこうと思ってるんだ。「童謡のアルバムを作りたい」ってずっといってるので、よろしくお願いしまーす(笑)」
この記事をツイート

この記事の関連情報