鬼束ちひろが、なぜkiller KG-PRIMEを?

ツイート
2009年10月26日、「鬼束ちひろ、4人のバンドメンバーと濃厚キス」というタイトルでニュースがアップされるや否や、あっという間にアクセスが集中、ニュースランキングもすぐさまNo.1を記録するという注目を浴びた。

◆参考:「鬼束ちひろ、4人のバンドメンバーと濃厚キス」

濃厚キスとなればファンならずとも気になるところ、アクセス集中も当然なところではあるが、BARKS編集部の筆者としては、どうにも気になる点がひとつ。やはり頭から離れない。

そう、「STEAL THIS HEART」PVの中で、鬼束ちひろが抱えているギターの話だ。

先にお伝えしたように、彼女が抱えているギターは、killer KG-PRIME オイル・ペインテッド・ラスタというモデル。何故にこのギターなのか。どうしてこれじゃなきゃいけなかったのか。いや、いけなかったわけではないのかも…、でもなんで、これなんだ?

彼女が抱えるギター、正式表記は“Killer KG-PRIME oil painted rasta”。正直かなりハイスペックなギターだ。塗装は特徴的で油絵のように立体的な凹凸のあるフィニッシュ。ネックには横方向に3度の角度がついているという、非常に突き詰められたマニアックなプロ仕様の一本なのである。つーか、わかりやすく言うと高崎晃モデルなのだ。しかもハイエンド。その辺の楽器屋で普通に売っているスペックではない。ちなみに定価は525,000円。

鬼束ちひろが、このギターを持つに至った理由は何か。考えてみた。

(1)Killerギターが好きだから
(2)LOUDNESSの大ファンだから
(3)7色のギターを持ちたかった
(4)単にスタッフ所有のギター
(5)近くにたまたまあった
(6)なんとなく持っていた
(7)受け狙いのため誰かの仕込み
(8)ルックスに惚れて買ったばかり
(9)タッカンが貸してくれた
(10)理由なんかまったくない

んー。絶対ありえないものも混じってしまった。(3)はありそうだ。でも現実はさしずめ(4)といったところか。(9)だったらビビる。実際のところは深い意味もないのかもしれない。「あ、すごくきれいなギターじゃない、それいいわね…」と、たまたまの出会いで使っただけなのだろう。でも何故そこにこのギター? マニアックなギターだけに、気になりだすと夜も眠れなーい。

教えて、えらいひと!

◆最新PV「STEAL THIS HEART」(You Tube)
◆鬼束ちひろオフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス