新倉瞳が放つ、美しきチェロの世界

ツイート
人の肉声に一番近いといわれる音色をもつチェロ。最近では、アカデミー賞を受賞した映画「おくりびと」や「路上のソリスト」でチェロとチェリストがフィーチャーされ、静かなブームを迎えている。

◆新倉瞳が放つ、美しきチェロの世界 ~写真編~

そんな2009年、21歳の音大生時代にデビューを果たし、癒しのチェリストとして人気の新倉瞳が、3作目となる最新作『ラルゴ~愛の挨拶』をリリースした。現在は大学院の研究科に席をおきながら更なる研鑽を積む新倉瞳も24歳。リサイタルやコンチェルト、室内楽等、着実にキャリアを重ね、最近では、2009年4月より森下仁丹「ビフィーナ」のCMキャラクターを務め、自身がCMでチェロを演奏して登場するなど、活躍も目覚しい。

3rdアルバムとなる『ラルゴ~愛の挨拶』では、ドビュッシーやリスト、シューベルトの小品に、2010年生誕200年をむかえる話題のショパンの「チェロ・ソナタ」をはじめ、「別れの曲」「ノクターン嬰ハ短調遺作」「序奏と華麗なるポロネーズ」、そして愛らしいエチュード「恋の二重唱」など、数々のショパンの名曲を収録。ピアノにショパンの第一人者、高橋多佳子を迎えた意欲作になっている。

アルバム・タイトルになっているLargoは長さをあらわす言葉だが、「高さ(縦)に対する幅(横)」を意味するという。「幅のある広い視野、Largoな心を持った生き方をしたい」と語る新倉瞳のチェロの音色には、ありふれた癒しだけではない、しなやかな強さを湛えた奥深さを感じ取ることができるだろう。

<新倉 瞳 クリスマスコンサート in GLORIA CHAPEL>
2009年11月27日(金)
@キリスト品川教会 グローリア・チャペル
18:30会場 19:00開演
4,000円(全席指定、税込)
[問]HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999

『ラルゴ ~愛の挨拶』
TOCE-56257 2,800円(税込)
1.愛の夢 (リスト)
2.亜麻色の髪の乙女 (ドビュッシー)
3.死と乙女 (シューベルト)
4.別れの曲 (ショパン)
5.序奏と華麗なるポロネーズ ハ長調 作品3 (ショパン)
6.ノクターン 嬰ハ短調 遺作 (ショパン)、チェロ・ソナタ ト短調 作品65 (ショパン)
7.I:アレグロ・モデラート
8.II:"スケルツォ"アレグロ・コン・ブリオ
9.III:ラルゴ
10.IV::"フィナーレ"アレグロ
11.恋の二重唱(ショパン)
12.愛の挨拶 (エルガー) ※森下仁丹「ビフィーナ」CM曲フル・ヴァージョン
13.歌の翼に (メンデルスゾーン) ※森下仁丹「ビフィーナ」CM曲フル・ヴァージョン

◆新倉瞳オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報