BENNIE BECCA「みんなで渡れば怖くない、ですよ(笑)」

ツイート
2008年10月にリリースしたコラボ・ベスト『THE “BESTEST” BENNIE K SHOW』以来、約6ヶ月の充電期間に入っていたBENNIE Kが、活動を再開した。その知らせはファンにとって嬉しいものだったことは間違いないが、活動再開にあたって彼女たちがWEB上で発表した声明には多くのファンが驚きを感じたのではないだろうか。なぜなら、その声明には、新たに“BK Project”を立ち上げること、そしてヴォーカルのYUKIは歌うことを封印し、今後はプロデュースや作曲などに専念することが表明されていたからだ。いったいBK Projectとは? そして、思いきった決断をしたYUKIの真意は?

そんな思いが渦巻くなか、いよいよ彼女たちの新たな一歩となる作品が届けられる。11月4日にリリースされるBENNIE BECCA名義の1stシングル「Dreamer」。なんと、アメリカの新進ガールズ・ロッカー、BECCAを迎え入れ、YUKI、CICO、BECCAの3人が強固なユニット=BENNIE BECCAとなって制作された、キャッチーで疾走感あふれるガールズ・アンセムなのだ。体制は変わっても、BENNIE Kは大丈夫。そう思わせるBENNIE Kの新たな始まりについて、じっくり話を聞いた。

   ◆   ◆   ◆

BENNIE BECCA インタヴュー【第1回】

――しばらく活動のニュースがなかったので心配してたんですよ。

CICO:す、すみません(笑)。あのね、2008年10月にコラボ・ベストを出すタイミングで、これからどういうふうに活動していくかを考えたんですよ。漠然とだけど、何か変化を起こしたいという気持ちもあったので、だったら、このへんで、じっくり考える時間を作るのもいいんじゃないか、と。

――それで充電期間に入ったわけですね?

YUKI:はい。私たちも結成してから10年近く経って、年齢も重ねて成長もできた。でも、もっとBENNIE Kとして私自身がフル回転できるようにするためには体制を整え直したいな、と思って。それで、いろいろ考えて、BK Projectを始めよう、と。それは、音楽を始めた頃からの願いを叶えるチャンスでもあるなと思ったんですよね。

――その願いというのは?

YUKI:まだ世の中には知られていないけど、才能にあふれていて、きちんと評価されるべきアーティストがたくさんいると思うんです。でも、日本の音楽シーンって、才能の芽を育んでいく環境がまだまだ整ってないと思うし、それってすごくもったいない。だったら、私たちが協力して、そういう人たちと一緒にやることで、もっといろんな音楽、素晴らしい音楽、カッコいい音楽が世の中に広まったら素敵だなぁ、と。それでBK Projectを提案させてもらったんです。

CICO:それってすごく面白そうだし、YUKIがそんな先のことまで考えていることに刺激されましたね。私は、あまり先のことは考えずに、今を生きるタイプだから(笑)。それに、YUKIって素晴らしいセンスをもってるんですよ。だから、ここで方向転換しようっていう考えにも納得できたし、すごくチャレンジングなプロジェクトで、私にとっても必要なことだと思ったので、どんな形でも一緒にやっていきたいと思った。で、すぐに“やりましょう!”って答えました。

――でも、体制を変えるのって冒険だよね。恐れみたいなものはなかったですか?

YUKI:それはなかったですね。何年もかけて2人で築いてきたものはとても大切に思っているから、それを捨てるつもりなんて全然ないし、CICOやスタッフさんがいてくれて、みんなが同じ方向を向いてるから、みんなで渡れば怖くない、ですよ(笑)。もちろん大変だとは思うけど、それさえも楽しみ!

CICO:それに、BENNIE K自身、いろんなアーティストとコラボレーションすることで音楽的な視野が広がり、成長できたし、チャンスももらってきたわけだからね。

――たしかに、クラブのイベントを通じていろんなアーティストと出会い、交流するなかで刺激を受け、彼らとコラボレーションすることで成長し、結果的にブレイクに繋がったわけだからね。

YUKI:本当に、私たちが受けてきた愛情やサポートに対する感謝の気持ちはとっても大きくて。だから、恩返しじゃないけど、感謝の気持ちをBK Projectという形で表して、頑張ってるアーティストの人たちの力に少しでもなれたら、とも思うんですよね。

――僕はブレイク直前からBENNIE Kを取材させてもらってるけど、2人は成功しても基本的なスタンスはまったくブレてない。だから、BK Projectの意図はよく判ったけど、なにも歌を封印する決断までしなくてもよかったんじゃないかな、と思うんですよね。

YUKI:う~ん…(笑)。もちろん、ヴォーカリストを続けながらという選択肢もあったとは思うけど、なんか、どっちつかずになるのが一番イヤだなって思うんですよ。なので、ここは潔く、ね(笑)。

第1回はここまで。次はBK Projectの第1弾であるBENNIE BECCAについて、その始まりから制作の過程までを話してもらいます。もちろん、来日中だったBECCAも登場するので、お楽しみに!

取材・文●染野芳輝

BENNIE BECCA
Sg「Dreamer」
2009年11月4日発売
1. Dreamer ※テレビ東京系全国ネット「JAPAN COUNTDOWN」11月度エンディングテーマ
2. So Bad
3. Dreamer (80kidz Remix)
DVD:「Dreamer」Music Video収録
封入特典:オリジナルスペシャルステッカー
◆初回生産限定盤 2枚組み(CD+DVD)
FLCF-4301 /¥1,200(税込)
◆通常盤 2枚組み(CD+DVD)
FLCF-4302 / ¥1,500 (税込)
※収録内容は初回限定盤・通常盤ともに同じです。
※初回生産限定盤のみスペシャル価格\1,200

◆BENNIE BECCAオフィシャル・サイト
◆BECCAオフィシャル・サイト
◆BECCA Official MySpace
◆BENNIE Kオフィシャル・サイト
◆BENNIE K Official MySpace
◆FOR LIFE MUSIC ENTERTAINMENT
この記事をツイート

この記事の関連情報