大和証券グループの新TV-CMは「PLAYING FOR CHANGE」

ツイート
大和証券グループが、世界中のミュージシャンが1つの楽曲を歌い、奏で、つないでゆく音楽プロジェクト「PLAYING FOR CHANGE」の映像を使用した新TV-CMをオンエアーしている。これには全4曲26パターンがあるという。

「PLAYING FOR CHANGE」とは、音楽を通して世界に活気やつながり、平和をもたらすことを目的とした音楽プロジェクトだ。アメリカ西海岸を中心に活動中のプロデューサー/エンジニアのマーク・ジョンソンが立ち上げたもので、世界各地への数年にわたる旅の中で、延べ100人以上のミュージシャンのパフォーマンスを収録してきた。収録された曲には、ベン・E・キングから生まれジョン・レノンにも歌われた「Stand by Me」、ボブ・マーリーの象徴ともいえる「One Love」といった世代を超えた名曲と、このプロジェクトのオリジナル楽曲がある。

それぞれを自然につなげ編集し、あたかも世界中のミュージシャンがひとつの楽曲を一緒に奏でているように仕上げた作品が、YouTubeを中心に世界規模で大きな話題となり、多くの人々に感動を与える一大ムーブメントとなった。

このプロジェクトの収益の一部は、非営利団体である「PLAYING FOR CHANGE基金」を通じて、インドやネパールにおける難民への必要物資の提供などの直接的な援助のほかに、南アフリカでの音楽スクールやアートスクールの設立、そこにおける子どもたちへの恒常的な指導にも役立てられ、音楽や芸術の輪を世界に広げることに貢献している。

そんな「PLAYING FOR CHANGE」に対し、大和証券グループも、「世界とのつながり」が、自らの「お客さまに世界とつながる、さまざまな金融サービスを提供していきたい」という理念と一致することから、TV-CMに起用することになったようだ。

国から国へ、人から人へ、想いが渡り、伝わるとき、世界はつながり、豊かに響き合う。それは音楽も金融というビジネスも同じことなのだろう。

今回の新TV-CMでは、「Stand By Me」「One Love」「Don't Worry」「Chanda Mama」の4曲を世界中のミュージシャンがつなげていく映像を使用、全部で26のパターンが放送されている。

この記事をツイート

この記事の関連情報