プロレス界の破壊王2世に続け!恐るべき10代の7人組ズットズレテルズ、衝撃のデビュー

ツイート
“破壊王”のニックネームで親しまれた人気プロレスラー、故橋本真也の長男、橋本大地が9月21日にエキシビジョン・マッチながらリング・デビューを果たした。現在17歳の高校生である橋本大地は、父親の入場テーマ「爆勝宣言」に乗って入場し、父親のトレード・マークであったハチマキも巻くという“破壊王イズム”200%で戦いに挑んだが、結果は数度のダウンを喫し、ほとんど何もできずに試合終了というホロ苦いデビュー戦となってしまった。

しかし、まだ17歳、今後のプロレス界の未来が彼の両肩にかかっているといっても過言ではない。名レスラーの遺伝子を引き継ぐ男の登場は、低迷を続けるプロレス界にとっての数少ない希望であることは間違いない。

CDの売上低下が問題になって久しい感もある音楽シーンであるが、ここに橋本大地ばりの希望を託せる驚くべき18歳の大型新人バンドが登場した。その名は、ズットズレテルズ。7人編成の超ファンキーな生演奏+マシンガン・ラップというスタイルの男達。

TOKYO FMとSONY MUSICの10代限定参加型夏フェス<閃光ライオット 2009>にも参加し、最終選考まで残ったバンドで、11月11日に1stアルバム『第一集』をリリースする。

◆1stアルバム『第一集』楽曲試聴
◆「僕の果汁」PV映像

リリース前から業界内外話題騒然になっており、新人ながら収録曲「僕の果汁」は日本テレビ「汐留☆イベント部」(毎週金曜日 26:10 ON AIR)11月エンディング・テーマ&TVKテレビ「音楽缶」11月メイン・テーマとタイアップが決定している。そしてアルバムはタワーレコードの全店プッシュ施策「タワレコメン」にも選ばれ、「音楽業界冬の時代」の中、新たなるスターを待望する各方面での期待感が盛り上がりを見せている。

ネット上ではすでに彼らの出自を探る話題が流れているようだが、著名人の2世もどうやら在籍している模様のズットズレテルズ。橋本真也の長男が明日のマット界を背負うように、ズットズレテルズが明日の音楽シーンを背負う、そんな凄まじい期待感のある1stアルバム『第一集』の登場だ。

文●畠山源一郎

ズットズレテルズ 1st ALBUM
『第一集』
2009年11月11日発売
RCSP-0017 ¥2,310(tax in)
1. 僕の果汁
2. Good Shit~思うようにさせるな!~
3. バジャイナ バジャイナ
4. 地球のへそ
5. Nis!
6. アウトサイドは濡れていた
7. ズレテルリズムアンドブルウス
8. 真っ赤な目っから
9. ワーメン・ビーツ
10. HがAとかYからYo!
11. K-Town Is Burning
12. 世田谷'90のテーマ

◆オフィシャルMySpace
この記事をツイート

この記事の関連情報