HANGRY & ANGRY、“デジタル・グランジ”サウンドが炸裂する最新アルバム『Sadistic Dance』リリース大特集

ツイート

HANGRY & ANGRY 最新アルバム『Sadistic Dance』2009.11.18リリース特集

鮮烈なビジュアルがリスナーを魅了する 吉澤ひとみと石川梨華の音楽PROJECT 待望のニューアルバムをリリース

彗星の如く現れたゴスロリ×グロカワ・ユニット、HANGRY & ANGRY。凄まじいスピードでmyspaceの100万ビューを獲得し話題を集め、海外でも活発なライブを展開。まさに破竹の勢いで躍進してきた彼女たちの正体が、ついに明かされることとなった。なんと、あの元・モーニング娘。の吉澤ひとみと石川梨華! 未だ謎多き2人が、オルタナティヴ・ロックの世界的プロデューサー、ダニエル・メルローと作り上げたアルバム『Sadistic Dance』について、大いに語るインタビュー特集だ。

INTERVIEW part-02

――HANGRY & ANGRYでは“デジタル・グランジ”という新しい音楽性に取り組んでいますが、2人の音楽的なバックボーンが反映された音楽性なのでしょうか?

ANGRY: 音楽に関してはすごく雑食なので、特にこれを聴いているからANGRYになったというのはないのですが、個人的にレディー・ガガのようなアーティストが大好きでよく聴いているので、HANGRY & ANGRYのサウンドやビートもすんなり受け入れられましたね。

HANGRY: 私はもともとロックが大好きなので、HANGRY & ANGRYの楽曲はたまらないです。しかも今のトレンドを意識したスピード感もあるし、自分たちの音楽に思いっきりハマっていますね。

――今回の1stアルバム『Sadistic Dance』には、プロデューサーにダニエル・メルローを迎えて製作されていますが、彼の生み出すサウンドの印象はどうですか?

HANGRY: ダンのトラック、最高だよね?

ANGRY: 本当に最高! 楽曲を聴かせてもらった時、鳥肌が立ったんですよ。「こういう歌が歌ってみたい!」って、心から思わせてくれました。耳にすごく残るサウンドやメロディで、曲が耳から離れないからすぐに覚えちゃうんです。

HANGRY: デモに私たちが歌を入れたものをL.Aに送って、ダンにトリートメントしてもらって、また日本に送ってもらって歌を入れて……という作業の繰り返しで、すごく手間と時間をかけて作っているんですよ。そのぶん、本当に良いものができました。ダンの作るサウンドやメロディ、リズムのセンスが本当に良くて。彼のセンスに惚れています。

ANGRY: 普段から彼が聴いてる音楽も本当にカッコよくて。<V-ROCK FESTIVAL09>のオープンニング・アクトをやらせてもらった時も、ダンが私たちのDJをやってくれたんですよ。その時のセンスもやっぱりバツグンで。すごい人にプロデュースしてもらっているんだなぁって、改めて実感しましたね。

――<V-ROCK FESTIVAL>に参加できてしまうのも、この活動ならではですよね。

HANGRY: 本当にそうですね。ステージに立った時も、「どこまでやっちゃおうか?」みたいな気持ちなんですよ。あの環境で、ただ最高のパフォーマンスをすることだけを考えていられるくらい、冷静に強気でいられて。まだ私たちの存在を知らないオーディエンスの意識に、HANGRY & ANGRYのインパクトをどれだけ残せるか。それが勝負だなって感じていました。新曲の手応えも感じることができたので、ダンには「もっともっと曲作ろう!」と言っていて(笑)。本当に“第三のメンバー”と言いたいくらい、重要な存在です。

ANGRY: この間も冗談で、「HANGRY & ANGRY &“DAN”GRY」とか言っていて(笑)。これからの活動を考えても、やっぱりダンの力が必要だなって思っています。

――アルバムも一貫したムードを感じさせながら、音楽性やグルーヴは本当に幅広くて。

ANGRY: このアルバムは、去年出した『Kill Me Kiss Me』からの曲と、今年の2月に作った曲、そして9月に作った曲で構成されていて、丸々1年間分の活動が凝縮されたアルバムになっているんですよ。

HANGRY: 今出せるHANGRY & ANGRYのすべてを出し切ることができたので、すごく満足しています。サウンドと歌詞、歌の融合をぜひ味わってもらいたいですね。あと、モーニング娘。の「The☆Peace」が「H&A Death Tracks」としてアレンジされていて、これが「本当にこんなことしちゃっていいの?」っていうくらいすごいので(笑)、ぜひ聴いてもらいたいです。

ANGRY: このアルバムが、私たちの活動にとって大きな弾みになってくれると思うんです。ここからまた更に進化していくので、期待していてください!

取材・文●冨田明宏

この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス