7年越しの想い実現。V6、初の韓国公演にファン熱狂

ツイート
11月14日、15日の両日にわたり、韓国、ソウルオリンピック公園 オリンピックホールにてV6初の韓国公演が行なわれた。

公演の前日である13日にソウル入りしたV6。平日の午前中であるにも関わらず、メンバーが到着するソウル・金浦空港には約500名のファンが詰めかけた。ファンたちは、手作りで作ったうちわや、ボードを手に熱狂的にV6を迎えると、メンバーも笑顔や手を振ってそれに応え、空港が大歓声に沸いた。

そしてライヴ本番では、最新シングル「GUILTY」や井ノ原快彦が2002年に主演した日韓合作舞台劇『東亜悲恋』のテーマソングにもなった「one」を韓国語ヴァージョンで披露するなどアンコールを含む全35曲を披露し、現地のファンらを熱狂させた。

2002年4月20日に韓国の『紅白歌合戦』ともいわれる<ドリームコンサート2002>に日本人として初出演を果たし、その後も2005年12月6日に行なわれた<2005韓日友情の年記念コンサート>に日本代表として出演、韓国での絶大な人気を証明するとともに日韓友好の象徴となるなど、V6にとって、韓国は深い関わりを持つ国だ。

また、2009年の9月19日に5万人を動員して開催されたアジア最大の音楽の祭典、<アジアソングフェスティバル2009>には、特別ゲストとして招待。さらにソウル市より、韓国、日本の文化交流に最も貢献したという功績が讃えられ、「アジアスペシャルアワード(アジア特別賞)」を受賞した。

今回のツアーも、実は2002年の<ドリームコンサート>に初出演した時から韓国の熱烈なファンから毎年熱望されていたもの。現地のファンにとっては、7年越しの想いがようやく実現したのだ。それだけに、今回の韓国ライヴは、メンバーにとっても、ファンにとっても歴史的なライヴになったことは間違いない。

V6はこの後も<アジアツアー>として、11月21日、22日には台湾公演も控えている。

◆V6 オフィシャルサイト
※ 写真は、V6を構成する20th CenturyとComing Centuryのライヴをそれぞれ収録した豪華2in1ライヴDVD『20th Century LIVE TOUR 2009 HONEY HONEY HONEY We are Coming Century Boys LIVE Tour 2009』ジャケット。
この記事をツイート

この記事の関連情報