オヤイデ、反転同心捩り構造の「TSUNAMI TERZO」と振動減衰ヘッドシェル「HS-CF」

ツイート
小柳出電気商会(オヤイデ)は、オーディオ用シグナルラインケーブル「TUNAMI TERZO」、振動モード分散型ハイブリッドヘッドシェル「HS-TF」を11月20日に発売する。

「TUNAMI TERZO」は、電源ケーブルやスピーカーコードがリリースされてきた「TUNAMI Series」の最終章ともいうべき製品。コネクタ形状によりRCAの「TUNAMI TERZO RR」とXLRの「TUNAMI TERZO XX」が用意される。基本アーキテクチャーは2芯パラレルレイアウト、エクステリアはパールホワイト採用。導体径は1.25sqというかつてないほどの大容量で、導体構造は3層からなる反転同心捩り構造を採用。シールドもランダムな隙間を排除するために横巻シールドが採用されている。

ケーブル長は0.7m/1.m/1.3mを用意、ペアでの価格はそれぞれRCAが23,100円/26,040円/28,350円、XLRが31,500円/34,440円/36330円、ケーブル延長は50cmにつき5,040円。また、50mボビン巻きは240,000円、切売りは5,040円/1mとなっている。

ヘッドシェルの「HS-CF」は、カーボン+テキサリュームによるハイブリッドFRPシェル。ソケット部はアルミカップリングに30%ガラスフィラー混合PBT樹脂を圧入して構成。ソケット部の振動減衰や強度増強に寄与している。指掛け部はアルミ材にシックな梨地クロムメッキを施している。正確かつソリッドでシャープな音像を求める人、カートリッジの性能をより引き出したい人、軽量級のカートリッジを求める人などにおすすめとのこと。価格は15,540円。

◆オヤイデ電気オンラインショップ
◆小柳出電気商会

◆BARKS 楽器チャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス