YouTube上でジャズ界初の動画コンテスト開催

ツイート
2009年11月16日より、シティカードジャパン株式会社が、YouTubeにて『Diners Club Presents - Jazz Session on YouTube』を開始した。これは、ジャズ界としては初めて公式にYouTube上で行われる動画コンテストだ。

コンテストの審査はYouTubeのユーザーによる投票および、ジャズ評論家の岩浪洋三をはじめとする審査員により行なわれる。各部門の優秀者はBlue Note Tokyoにて著名アーティストと競演することができるという、夢のような特典が与えられる。

「このたび、YouTubeとのパートナーシップのもとにこの革新的なイベントを実現でき、大変光栄に思います。また、大勢のジャズファンおよび、ジャズミュージシャンに向けて『Diners Club Presents - Jazz Session on YouTube』を開催できることをたいへん嬉しく思います。多数のミュージシャンからの応募があることを期待しています。また、優秀なミュージシャンによるBlue Note Tokyoの舞台での素晴らしい演奏を心より楽しみにしています。」──シティカードジャパン株式会代表取締役社長デニス・ハッセー

2010年2月21日にBlue Note Tokyoにて開催されるファイナルイベントでは、ボブ・ジェームスをはじめ、神保彰、櫻井哲夫といったアーティストを招き、優秀者は競演を果たすことが出来る。

『 Diners Club Presents - Jazz Session on YouTube』
応募期間:2009年11月16日~2010年1月11日
投票期間:2009年12月1日~2010年1月17日
応募資格者:日本国内在住者。※未成年者は保護者の許可が必要
18歳未満は「ファイナルイベント」への参加は不可
応募方法:YouTube上の特設サイトhttps://www.youtube.com/user/YTJazzJPにてエントリー
YouTubeトップページ→チャンネルページ→コンテストページ
募集パート:「ピアノ」「ベース」「ギター」「ボーカル」「管楽器」「ドラム」「その他」
課題曲:『バット・ノット・フォー・ミー』『サマータイム』『アイ・ガット・リズム』
『サムワン・トゥ・ウォッチ・オーヴァー・ミー』『マイ・フーリッシュ・ハート』
演奏動画再生時間:5分以内(5分を超える場合は最初の5分が審査対象)
審査委員長:岩浪洋三氏(ジャズ評論家)
審査員:ボブ・ジェームス氏、三森隆文氏(スイングジャーナル誌)、内藤遊人氏(ジャズライフ誌)ほか
審査方法:「1次審査」は09年12月1日~10年1月17日
視聴者による一般投票により最大70名に絞る
最終審査:10年1月18日~1月31日
審査員が「音楽技能」「演奏バイタリティ」「演奏アレンジ」を加味して審査
「優秀賞」(審査員選考により最大10名=「ファイナルイベント」(参加資格を獲得)
「最多得票者賞」(審査でトップスコアの1名に記念品をプレゼント)
「最多ビュー獲得者賞」(再生回数が一番多かった1名に記念品をプレゼント)
受賞者発表:2月上旬にYouTubeにて発表
●ファイナルイベント
開催場所:ブルーノート東京 〒107-0062東京都港区南青山6-3-16ライカビル
開催日程:2010年2月21日(日)17:30~19:30(開場16:30)
セッションに参加するアーティスト:ボブ・ジェームス(key)、神保彰(ds)、櫻井哲夫(b)ほかイベント構成:入賞者とアーティストによるセッション、およびアーティストによるライブ
この記事をツイート

この記事の関連情報