のあのわのYukko、チェロが盗難被害

ツイート
のあのわのYukkoのチェロが盗難被害にあったことが明らかになった。

◆のあのわのYukko、チェロが盗難被害 ~写真編~

機材車でメンバーが移動中、チェロがないことに気が付いたといい、被害にあったのはおそらく11月15日(日)2:00~23:00頃の間、東京あきる野市の駐車場もしくは立川駅前の駐車場に駐車していた際に盗まれた可能性が高い。チェロはケースごと盗まれている。

2005年にバンドにチェロを導入して以来、自分の分身としてとても大切に弾き続けていたチェロ。11月25日(水)からは初の全国ワンマンツアーがスタートすることもあり、それまでに何としてでも取り戻したいとYukkoの思いは切実だ。

すでに所属事務所のスピードスターミュージックは警察に被害届を提出済み。愛用楽器の盗難被害を公表するのは異例の事ながら、ワンマンツアーが間近に迫り「チェロを返してもらいたい」というYukkoの切なる思いを汲んで、所属事務所が公表に踏み切った。担当マネージャーも「些細な情報でも知らせてほしい」と訴えており、有力な情報提供者には謝礼も検討しているとのこと。

「犯人の方もいろいろ事情あっての事だと思うのですが、このチェロは私にとってとても思い入れがあって、このチェロと一緒にのあのわも出来ていった大切な宝物です。意思と関係なくいなくなってしまって本当に悲しいです。全力で探したいと思っています、みなさんにもぜひ協力してもらえたらと思っています、よろしくお願いします」──Yukko(Vo&Cello)

【盗難にあったチェロの特徴】
●チェローケース
・薄い茶色で布製。
・グリップは黒いソフトラバー。
・ななめに肩かけ用の黒いバンドがある
●チェロ
・ドイツ製
・7/8サイズ
・ネックに折れを修理した跡がある
・ペグに鳥のモチーフのネックレスがついている
・楽器内のラベルに「B.Dimbath」、製作地「Bubenreuth」と明記されている。
●弓
・ブラジルのArcosという会社のもので、弓に製作者の名前の刻印が入っている。
・先端が欠けている。

情報提供受付連絡先:help@noanowa.jp

◆のあのわオフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報