ジョス・ストーン、『カラー・ミー・フリー!』をリリース

ツイート
22歳にして完成された本格UKモダン・ソウルを聴かせる歌姫ジョス・ストーン。音楽的なヴィジョンを確立した2007年の前作『イントロデューシング・ジョス・ストーン』から約2年半を経て、自由なクリエイティヴィティを羽ばたかせた4thアルバム『カラー・ミー・フリー!』が11月18日に日本発売となった。

イングランドの小さな町デヴォン出身のジョスは、22歳の若さで既にブリット・アウォーズを2つ獲得。グラミー賞でも4回ノミネートされ、ジェームズ・ブラウン、ザ・ローリング・ストーンズ、スティーヴィー・ワンダー、エルトン・ジョンをはじめとする大物達とステージで共演し、全世界で800万枚以上のアルバムを売り上げている。

新作『カラー・ミー・フリー!』は、イングランドのウェリントンにある彼女の母親が経営するライヴ・ミュージック・ハウス、ママ・ストーンズで曲作りとレコーディングを実施し、ほぼ一発録りで完成させたもの。ジョスはジョナサン・ショートゥンとコナー・リーヴスと共にこの作品をプロデュースし、自然体で正直な感情がほとばしる12曲を送り出した。また今作品は、その豪華な参加ゲストも注目。ジェフ・ベック、シーラ・E、ラファエル・サディーク、ナズ、デイヴィッド・サンボーン、ジェイミー・ハートマン(収録順)などがバックアップしている。

「ある朝目覚めて、アルバムが作りたくなった、という感じなの。ものすごくナマっぽいのよね。基本的には私を含むミュージシャンやライター達がただジャムったもの。今回の作品は、誰かに捧げたわけでもなければ、強要されて作ったわけでもなくて、ごく自然な流れでそれぞれのミュージシャンが自分のサウンドを自由にクリエイトしたの。私はプロデュース作業にも関わったから、アーティストとして、そして個人としての今の自分を正確に表現した作品に仕上がっていると思う。この音楽をとても誇りに思うから、やっと皆に曲を聴いてもらえることになってエキサイティングだわ」──ジョス・ストーン

彼女の解き放たれた感情を、『カラー・ミー・フリー!』で堪能してほしい。


『カラー・ミー・フリー!』
2009年11月18日発売(US10月20日)
TOCP-66924 \2,500(tax in)
[収録曲]
1.フリー・ミー
2.クッド・ハヴ・ビーン・ユー
3.パラレル・ラインズ(Feat. ジェフ・ベック & シーラ・E)
4.レディ
5.4 アンド 20
6.ビッグ・オール・ゲーム(Feat. ラファエル・サディーク)
7.ガヴァメンタリスト(Feat. ナズ)
8.インクレディブル
9.ユー・ガット・ザ・ラヴ
10.アイ・ビリーヴ・イット・トゥ・マイ・ソウル(Feat. デイヴィッド・サンボーン)
11.ステイルメイト(With ジェイミー・ハートマン)
12.ガールフレンド・オン・デマンド
13.ゲット・ハイ※日本盤のみのボーナス・トラック
※ボーナス・トラック1曲追加収録/解説・歌詞・対訳付

◆ジョス・ストーンオフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報