PlayZ、お台場でパフォーマンスを初披露

ツイート
イケメンヴォーカルグループPlayZが、11月21日お台場TOYOTA MEGAWEBにて行なわれたクリスマスイベント<MEGA LOVE Christmas>でライヴを初披露した。

◆PlayZ、お台場でパフォーマンスを初披露 ~写真編~

PlayZは佐藤歩、澤本幸秀、大石一聡、吉田克巳、稲垣佑樹という、men's eggカリスマモデル5人による新世代のヴォーカルグループだ。佐藤歩、澤本幸秀は西野カナ「君に会いたくなるから」のビデオクリップに出演、ジュリエットのプロデュース集団「ロミオ」としても活動するなど、モデルのみならずミュージックシーンにおいても大きな注目を集めている状況だ。

11月25日(水)に、ミニアルバム『Love On The Street』でメジャーデビューを迎えるPlayZだが、彼らがイベントにて、モデルとしてではなくヴォーカルグループとして歌声を披露したのはこれが初めての事となった。アルバムリード曲である「Again~もう一度逢いたくて~」と収録曲のバラード「sweet sweet sweet」の2曲をパフォーマンス、会場にはその姿を一目見ようと300名を越えるファンが集まり、PlayZの歌声に聴き入っていた。

渋谷のストリートから生まれた新しい形のヴォーカルグループとして、PlayZの存在感はよりいっそう際立っていくことだろう。

◆PlayZオフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報