大塚 愛、カップル限定ライヴで過去の同棲体験をポロリ

ツイート
大塚 愛がカップル限定のツアー<LOVE is BEST Tour 2009>の東京公演が、11月21日と22日の両日、昭和女子大学人見記念講堂で行なわれた。

◆大塚 愛 画像@2009.11.22<LOVE is BEST Tour 2009>東京公演

今回のライヴツアーは、11月11日にリリースし、11月23日付けのオリコン・アルバム・ウイークリー・チャートで1位を獲得したラブソング・ベストアルバム『LOVE is BEST』とコンセプトをリンクさせたもの。大塚 愛のライヴにカップルでくるオーディエンスが増えてきたり、ライヴがきっかけで付き合うことになったというファンからの声が寄せられてきたのを受け、“カップルのみのオーディエンスの前でライヴを行なったら面白いんじゃないか”という本人の提案から実施された。

22日の東京公演では約2500人、1250組のアツアツなカップルが客席を埋める中、大塚も思わず冒頭から「(客席がラブラブ過ぎて)熱い、熱い。アツアツやな~」を連発。さらにそんなオーディエンスたちに触発されてか、「今日ここに来る前に、みんなどうでもいい喧嘩とかしてきてない?」という振りから、昔、大塚 愛が彼と一緒に暮らしていたことがあったという話に。大塚が、風邪を引いて伏せっていた時に、ちょうど冷蔵庫の中に、当時同棲していた彼が入れていた納豆があって、黙って食べたらひどく怒られたという“納豆事件”のエピソードで会場を笑わせたり、「ベッドの中では後ろから抱きしめられたい派? それとも前から?」と会場の女の子たちに問いかけ、「後ろから抱きしめてもいいけど、男子は手の置き場所、考えてな!」「刺激強いよ、今日は(笑)」と、艶っぽいMCを展開したりと、オーディエンスを楽しませた。

自身が出演する「日本生命」のTVCFソング「チケット」からスタートしたライヴでは、『LOVE is BEST』に収録の新曲「Is」(イオン TOPVALU HEATFACT TVCFソング)やライヴの定番となっている「さくらんぼ」など、アンコールを含む全23曲を披露。「今日は11月22日で“いい夫婦”の日。aikoさんの誕生日やで!」と語りながら、この日のライヴに足を運んだカップルが、今よりもっと仲良くなれるような演出とともにサービス満載なライヴを繰り広げた。

同ツアーは、2009年12月24日のクリスマスイブの大阪公演でファイナルとなる。

◆iTunes Store 大塚 愛(※iTunesが開きます)
◆『LOVE is BEST』のCD情報
◆大塚 愛 オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報