ボン・ジョヴィ、リッチーの名を冠したストリートが誕生

ツイート
ボン・ジョヴィのギタリスト、リッチー・サンボラの故郷ニュー・ジャージー/ウッドブリッジに彼の名を冠したストリート、その名もRichie Sambora Wayが誕生した。サンボラは、地域に恩返するため募金プログラム<You Can Go Home>をスタート。その社会事業が称えられた。

彼は、サンボラの母校に通う脳腫瘍を患った女子高校生のために基金を募っただけでなく、学校に新しいトレーニング・ルームを作るため4万ドル(約360万円)を寄付した。女子高生は、これにより車椅子でも動き回れるように家を改築することができたという。

「成功を当然のこととは思っていない」というサンボラは、社会貢献ができて「嬉しい」Mycentraljersey.comに話している。「もっと多くの人が、ほかの人を助けるためにこういったことをやるべきだ。その力があるのに、なぜやらないんだ。会社の社長だろうが、銀行家だろうが関係ない」「俺は地元に戻ったとき、こういう草の根活動みたいなことに参加している。それで、トレーニング・ルームのことを思いついたんだ。母校のために何かできるって思ったんだよ。援助する、地域をよりいい場所にする、そういうのが始められれば、そいつはうまくやっているってことだ」

Richie Sambora Wayは、その母校へ通じる道だという。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報