フロア感タップリな、瀧澤賢太郎メジャーアルバム第1弾『Big Room』

ツイート
これまでに3枚のオリジナルアルバムをはじめ、様々なオリジナル、リミックス楽曲を世に生み出してきたHOUSEクリエイター、それが瀧澤賢太郎。たとえば「Five Years Circle feat. Trans of Life」はGilles Petersonにプレイされるなど海外の評価も高く、2009年8月にリリースされた「You Can Make It Shine feat. arvin homa aya」はiTunesチャートで1位を獲得しています。

そんな実力を有する瀧澤賢太郎のメジャーレーベル第1弾のアルバム『BIG ROOM』が、11月25日に発売となりました。楽しみにしていた作品なので早速聴いてみることにします。

◆Kentaro Takizawa 画像@ New Album 『BIG ROOM』Pre-Release Reception Shibuya_Microcosmos

Ryohei&澤辺美香をヴォーカルに迎えたさわやかな「Heart Beat」は、アルバムの一番最初の曲として、『Big Room』のクオリティの高さを伝え、以降の曲の展開に期待感を高めさせてくれます。そして、気持ち高ぶり突入した次の曲「Unity feat. Joi Cardwell」には圧倒されました。とてもダイナミックで、パワフル。音の広がりが気持ちの良い曲! Joi Cardwellのヴォーカルがマッチしていて、イントロやブレイク部分の“静”と対照的にものすごく躍動的でメリハリのあるレンジの広さは感激モノです。

感激モノつながりとしては、8曲目の「Change For The Better feat. Kimara Lovelace」、最後に収録された、名曲のカヴァーとなる「Keep Love Together feat. The BIG ROOM Family a.k.a Mika Arisaka & Ryohei with SAWA, Mika Sawabe」です。「Change For The Better」のKimara Lovelaceは、HOUSE好きの方はご存知だと思いますが、数多くの名作を残しているディーバで、たとえばフロアを愛で満たした「When Can Our Love Begin」などが有名。そのKimara Lovelaceが歌う「Change For The Better」はとにかくHappy! 個人的には「そうそうHOUSEってコレだよ、このHappy感なんだよ!」って頷きながら聴いてしまいました。もしフロアで聴いたら、両手を上げて、声をあげて、喜びを全身で表して踊ってしまいますね。多くの人に喜びの感情を生み出させる“ポジティブなフロア感”がつまった曲です。

そして「Keep Love Together」。率直に「よくこの曲にチャレンジしたな」というのが感想です。というのも、「Keep Love Together」はHOUSE好きにはあまりにも有名で、Love To Infinityの原曲が鮮明にイメージされてしまうからです。ともすれば比較されてしまうかも? というリスクもある中でチャレンジしたポジティブな姿勢は、いい意味で曲にも表れています。そして瀧澤賢太郎の「Keep Love Together」を聴いて、先ほどの僕の心配などはとてもくだらなくて、ちっぽけなことだと感じました。タイトルの通り「Keep Love Together」の想いをみんなで唄おうよ! それは「Change For The Better」にも共通する“HOUSEのHappy感”が詰まっていて、瀧澤賢太郎のHOUSEに寄せる想いなのではないかと感じました。また「Keep Love Together」という曲が大好きなんだなぁということもヒシヒシと伝わってきました。…そして僕は「愛だよなぁ、愛」と一人で納得。

他にも『Big Room』はバランスのとれた曲で構成されていて、どれもリスナーの気持ちを揺さぶってくれます。過去に「Make It Right」「Can't Stop」でタッグを組んでいるLisa Shawをフィーチャーした5曲目の「I Can Be」は、上品にカッコイイ仕上がり。静かにはじけるサウンドは強すぎず弱すぎずの刺激。そして甘いLisaのヴォーカル。シャンパンに浸して食べる大人のスウィーツのような上品さが楽しめます。9曲目の「Another Landscape feat. SAWA」はSAWAのポエトリーリーディングが全編にわたって入っています。バックのピアノとギターとも相まってCoolな仕上がり。

また、シッカリと踊らせるための曲も収録されています。4曲目「B.R.D(Big Room Disco)」や6曲目「Can You Feel It」、10曲目「On The Top」で、どれもクラブで聴きたいですね。個人的には「On The Top」のシンセがたまりません。いつまでも気持ち良く踊り続けられそうなドライブ感のある曲で、聴いていますと踊りたくてムズムズしてきます。

…と、簡単にレヴューを書きましたが、まずは聴いてみてください。世の中には色々なHOUSEがあるかと思いますが、瀧澤賢太郎の「Big Room」はフロアの雰囲気がギュっと詰まっているド真ん中HOUSEです。そして、僕がそうであったように、皆さんもCDを聴いたら次はフロアで踊りながら聴きたくなるのではないでしょうか? もしそうなったら、瀧澤氏は様々なクラブでDJとしてブースに立っていますので、ぜひフロアで楽しみましょう!

【Kentaro Takizawa "BIG ROOM"Release Tour&DJ Schedule】
11月27日(金)@福岡Kieth Flack with 福富幸宏,Ryohei
11月28日(土)@熊本INDIGO with 福富幸宏,Ryohei
12月04日(金)@新木場Studio Corst "ageHa" Island Bar with BRISA
12月08日(火)@渋谷Organ Bar
12月10日(木)@渋谷The ROOM with BRISA
12月10日(木)@渋谷club ASIA
12月12日(土)@神戸Troop Cafe with Ryohei,SAWA,澤辺美香
12月19日(土)@郡山DOOZ with 栗原暁(Jazzin'park)
12月22日(火)@金沢MANIER
12月24日(木)@渋谷WOMB
12月25日(金)@柏waRter
12月28日(月)@新木場Studio Corst "ageHa"
12月31日(木)@新マルビル Marunouchi House
01月09日(土)@札幌ACID ROOM
01月16日(土)@大阪Grand Cafe
01月30日(土)@名古屋JB's
02月11日(木)@渋谷The Room
02月13日(土)@渋谷club ASIA with SAWA,
02月20日(土)@長崎・雨月 with 福富幸宏
02月26日(金)@三重・四日市SUBWAY
02月27日(土)@岐阜・EMERALDA
03月05日(金)@岡山・未定
03月12日(金)@札幌alife
03月27日(土)@沖縄Pink Salon
04月16日(金)@東京・Club ASIA Tour Final

text by : Dj JOSE



◆『BIG ROOM』のCD情報&映像
◆Kentaro Takizawa Official BLOG
この記事をツイート

この記事の関連情報