吉俣良フリーライブに、丸ビル陶酔

ツイート
現在、年内の週末を中心に丸ビルで行なわれている音楽イベント<Bright Christmas 2009>に、吉俣良が登場、300人以上ものファンで会場を埋め尽くした。このようなオープンスペースでフリーライブを行なうのは東京では初のことだ。

夕方5時半、辺りも暗くなった頃、全面ガラス張りの丸ビルマルキューブから見える街路樹に彩られたイルミネーションが輝き始め、満を持して吉俣良が登場。全長8メートルにも及ぶ巨大クリスマスツリーをバックに、2009年高視聴率を記録したドラマ「救命病棟24時」から「Smoke In The Lounge」をピアノソロにて披露。続いてMCを挟み、バイオリニスト真部裕とともに「カンパニュラ(風のガーデンメインテーマ)」「COTO」を始め、ドラマとともに大ヒットとなったサウンドトラックから人気の曲を次々と披露。吉俣良の優しいピアノに、真部裕のシャープなバイオリンの音色が交わり、輝くイルミネーションとの相乗効果も相まって、会場のムードは最高潮に。

数多くのヒットドラマの音楽を手掛けているだけあって、当日演奏された曲も耳にしたことがある曲ばかり。しかし、そんな楽曲たちとは裏腹に、ほとんどの方が今まで吉俣良の人柄に触れる機会もなかったことだろう。今まで出身地である鹿児島以外ではほとんどライブ活動をしていなかった彼だが、その知られざる気さくなキャラクターと、曲間に繰り広げられる痛快なMCに、集まったオーディエンスからは度々笑いがこぼれていた。

この日、最後に演奏されたのは「篤姫(メインテーマ)」。ピアノソロにて演奏されたその楽曲は、ファンはもちろん、この日偶然丸ビルを訪れていた沢山の人々も、自然に足を止めその演奏に酔い痴れていた。作曲家としての集大成となるベストアルバム『Best Soundtracks~篤姫BEST and more~』もロングヒット中の吉俣良、じわじわとファン層は拡大中なのである。

<Bright Christmas 2009>吉俣良スペシャルライブ~篤姫BEST and more~
2009年11月28日(土)
@丸ビルマルキューブ
1.Smoke In The Lounge
2.何も語らぬ人々
3.The theme of flower shop without the rose
4.カンパニュラ(風のガーデンメインテーマ)
5.COTO
6.Stage
7.良し
8.篤姫(メインテーマ)
この記事をツイート

この記事の関連情報