セクシー女優・吉沢明歩出演PVの反響が拡大。RUSHMORE20万アクセス&チャート2位

ツイート
人気セクシー女優・吉沢明歩が出演した、RUSHMOREの新曲「KAMITSU」のミュージックビデオへの反響が広がっている。白いパンツのみを身につけた吉沢明歩が、音楽に乗って弾けるこの映像。BARKSが当初報道した際には、YouTubeに掲載されたミュージックビデオの再生回数は5万回という数字だったが、12月2日現在、再生回数は19万回を突破。一両日中に20万回も超えるものと思われる。さらに配信サイトのデイリーチャートでも同映像は2位を記録した。

◆吉沢明歩 画像&出演したRUSHMORE「KAMITSU」のビデオ

このミュージッククリップ「KAMITSU」は、Every Little Thingやday after tomorrowのサウンドプロデュースを手がけた五十嵐 充が結成した、初の男性ヴォーカルロックバンドRUSHMOREの4ヶ月連続配信シングル最新曲。吉沢明歩の美しい肢体に加えて、官能小説のような耽美的な“エロス”的要素をイメージした詞もまた、作品を刺激的なものにしている。

そんなRUSHMOREは、この話題のビデオが収録されたDVDも付いた1stアルバム『REASON OF FOUR SEASONS』が12月23日リリース。このアルバムには、ツインギターを擁し、ロックのみならず、プログレやAORまで取り込んだサウンドに、四季に彩られた男女の切ない情景を描いた曲が収録されている。

さらにアルバムに先行し、12月9日にはアダルトなクリスマスを描いた曲「Christmas Tears」が配信シングルとしてリリースされる。


◆iTunes Store RUSHMORE(※iTunesが開きます)
◆RUSHMORE オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報