Juliet、新曲は日本一早い春の旅立ちソング

twitterツイート
ギャルユニットJulietが2009年にリリースした「ナツラブ」と「フユラブ」の配信ダウンロード数が、累計100万を突破した。

Julietは、人気モデルで結成されたプロデューサーチーム“Romeo”によるプロデュースで8月にデビュー。“ギャルがギャルをプロデュース”ということと、正体を明かさぬままデビューしたことで、渋谷やネットを中心に話題となった。

デビュー・シングル「ナツラブ」は配信60万ダウンロードを突破、次いでJulietのメンバーがお披露目された2ndシングル「フユラブ」は配信45万ダウンロードを突破し、2作連続でレコチョクの着うた(R)週間ランキング1位を獲得。デビューから4ヶ月足らずで累計100万ダウンロードを突破し、11月4日に発売したデビュー・アルバム『ラブ』は、新人ながらオリコンウィークリーチャート10位を記録するという快挙を成し遂げている。

そんなJulietの新曲「ハルラブ」が、2010年1月27日にリリースされる。「ハルラブ」は、<行かなくちゃ…ずっとここに居たいけど…>というフレーズが印象的な日本一早い春の旅立ちソング。同曲は12月2日よりレコチョクにて着うた(R)の先行配信がスタートしている。また、カップリングには、近鉄パッセ『パッセバザール』CMソングに決定している「シャンプー」を収録。

なお、ジャケット写真となっているチワワとボストンテリアは、旅立ちへの強い意志と愛情深く待ち続けることを表しているとのこと。快進撃を続けるJulietの2010年の活動に注目だ。

「ハルラブ」
【初回限定盤】UMCK-9317 ¥1,400(tax in)
【通常盤】UMCK-5264 ¥1,000(tax in)
2010年1月27日発売

<

◆「ハルラブ(30 sec spot)」(YouTube)
◆Juliet オフィシャルブログ
◆Juliet ユニバーサルミュージック公式サイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon
amazon