椎名林檎と田渕ひさ子(bloodthirsty butchers/元ナンバーガール)が結成した“発育ステータス”や“DMBQ”ほか、多数のバンドで活躍中の日本屈伸女性ドラマー吉村由加。そして、Vo/Gtを担当するACEKAY KAWADAからなる、日本発海外発信型の未来系サイコ・グランジ・バンドCATSUOMATICDEATH(カツオマティックデス)。

2009年5月にアルバム『WhoreMotherGoddess』をリリース、その31ヵ所に及ぶレコ発ツアー<WhoreMotherGoddess Tour 2009>が最終局面に突入。ファイナルとなるイベントが、2009年12月10日(木)、下北沢シェルターにて開催される。

本ツアー中に急性肺気胸再発のため、現在病気療養中のベーシストに変わり、サポートとして、Beratrek(qyb)の参加が決定した。

Beratrekこと、石塚BERA伯広(いしづか・べら・のりひろ)はプロデューサー、ギタリストとして様々なバンド、サポートを経験している実力派でありベテラン・ミュージシャン。CATSUOMATICDEATHとBeratrekの夢の競演は、予測不可能な最強のステージになる事に間違いない。

2009年6月にスタートしたツアー初日では、対バンとして少年ナイフ、DJとしてBUFFALO DAUGHTERの山本ムーグを招き、共演の豪華さでも話題になることが多いCATSUOMATICDEATHのイベント。それだけに、ファイナルも贅沢なラインナップとなっており、以前から競演を望んでいたヤマジカズヒデ率いるdipと、the blondie plastic wagonの参戦が決定している。


<サイコ・グランジ vs オルタナティブ>というエポックメイキングな組み合わせとなる今回、全く流れが読めない番狂わせなイベント。生き証人となりたいロックなアダルト・チルドレンたちには、見逃すことが出来ない夜になるはずだ。

<WhoreMotherGoddess Tour 2009 FINAL>
2009年12月10日(木)
下北沢シェルター
【出演】CATSUOMATICDEATH+Beratrek(qyb)、dip、the blondie plastic wagon
adv. ¥2500 / door ¥3000
OPEN 19:00 / START 19:30
[問]下北沢SHELTER 03-3466-7430
◆チケット詳細&購入ページ
◆CATSUOMATICDEATHオフィシャル・サイト