はるな愛、ヴィジュアル系メイクでhaderuの唇を奪う

ツイート
2010年1月20日にニュー・シングル「makemagic」をリリースするjealkb(ジュアルケービー)が、12月4日(金)、PV撮影を都内スタジオで行ない、PVの共演者として指名したはるな愛とともに記者会見を開いた。

◆はるな愛、ヴィジュアル系メイクでhaderuの唇を奪う~画像~

PV撮影が行なわれていたスタジオ内でのフォト・セッションに次いで、別室で行なわれた記者会見には、テレビ、雑誌、WEBなど各媒体がつめかけ、室内はすし詰め状態。矢継ぎ早に繰り出される質問に、ヴォーカルのhaderuを中心に、はるな愛、そしてjealkbメンバーは絶妙なボケとツッコミで取材陣を沸かせた。

jealkbは、「ロンドンブーツ1号2号の田村淳の双子の兄(という設定の)haderu(Vo)が率いるヴィジュアル系バンド」なだけに、かねてからロンブー淳が好みのタイプだと公言していたはるな愛は、よろこびもひとしお。

「メイクをしていま一番、輝いている女性だから。美で世界一の人にオファーできるなんて、なかなかないこと」と、PV出演オファーの理由を語るhaderuに「うれしぃーっ!」と満面の笑顔。そのオファーには、先頃タイで開かれたニューハーフの美人コンテスト「ミスインターナショナルクイーン2009」で世界一の栄冠を獲得し、帰国後まっさきに答えたという。

また、取材陣から歌詞の一節にある「抱きしめてもいいかい?」というフレーズについて聞かれると、間髪入れずに「抱いてみる?」とhaderuに迫るも、「抱くわけないだろ!(笑)」とバッサリ切り返される。しかし、人生初のヴィジュアル系メイクについて聞かれた際には「男の子にモテるメイクをしてきたので、今回は真逆のメイク。でも意外に似合っていて、快感ですo(≧∀≦)o」と笑顔をほころばせた。

そんなはるなの「快感です」の一言に、「快感って、薬師丸ひろ子ですねっ!」とツッコミを入れたchaos(Key)の一言は、取材陣のフラッシュの音にかき消されそうになりながら、「それは古すぎだろ!(笑)」とhaderuが救い上げる一幕もあった。

そしてhaderuは「僕たちもメイクをすることで自信をもって人前に立つことができています。メイクをとったら所持金300円のメンバーもいます。でも、いまはそうは見えない。緊張しぃなんですけど、メイクをすることで自信をもってこういうことができる。makemagicです」と新曲をPRした。

さらに、当日はhaderuの誕生日だったことから会見場にバースデー・ケーキが登場。ロウソクを吹き消したあと、はるなが「キッス! キッス!」と自らコールを促し、逃げるhaderuを羽交い絞め、haderuの唇を奪った。そしてはるなは満足気に微笑みながら、haderuの手を握って会見場を後にした。

◆jealkb オフィシャル・サイト
この記事をツイート

この記事の関連情報