NHK大河ドラマ「龍馬伝」主題歌に、リサ・ジェラルド

ツイート
2010年1月3日(日)からスタートとなるNHK大河ドラマ「龍馬伝」のオープニング・テーマに、リサ・ジェラルドの参加が明らかとなった。リサ・ジェラルドは、ハリウッド映画音楽界を代表する女性コンポーザーであり、ネオ・クラシカルの歌姫でもある。

オープニング・テーマに海外ヴォーカリストが参加するのは、大河ドラマとしては初のこと。ヴォーカリストが参加するのは、2004年「新撰組!」のジョン健ヌッツォ以来6年振り、海外アーティストの参加は、2003年「武蔵」のエンリオ・モリコーネ作曲「武蔵OST」以来7年振りとなる。

ヴォーカリストに決定したリサ・ジェラルドは、女性版ハンズ・ジマーと総称されるほど、女性では珍しいハリウッド映画音楽界の巨匠で、ソロ・シンガーとしてもヨーロッパ/全米で活躍しているアーティスト。代表作には、「グラディエーター」「ALI」などがあり、アカデミー賞、グラミー賞、ゴールデン・グローブ賞ノミネートの常連となっている。

リサ・ジェラルドが歌うオープニング・テーマを含む全20曲収録のオリジナル・サウンドトラックは、2010年1月27日にワーナーミュージック・ジャパンから発売となる。手掛けるのは、映画「BALLAD 名もなき恋のうた」「ALWAYS 三丁目の夕日」(シリーズ)、「海猿」(シリーズ)などの音楽も手掛ける佐藤直紀。なお、オープニング・テーマは、番組がスタートする2010年1月3日からワーモ(Warner Music Mobile)、レコチョク、Gメディア、MUSIC.JP、ドワンゴ他で、配信スタートとなる。1年間通して毎週耳にするオープニング・テーマは、視聴者にはとても思い入れの強い楽曲となるもの。大河ファンにとっては、オリジナル・サウンドトラックもマストアイテムとなるだろう。
この記事をツイート

この記事の関連情報