ソウルフライ、新作タイトルは『Omen』

twitterツイート
現在ハリウッドにあるEdge Of The Earth スタジオに入り、プロデューサーのローガン・メイダー(DIVINE HERESY、DEVILDRIVER、CAVALERA CONSPIRACY)と共に新作をレコーディング中のソウルフライだが、『Omen』と名付けらたこのニュー・アルバムでは、ゲスト・ヴォーカルとしてTHE DILLINGER ESCAPE PLAN のフロント・マン、グレッグ・プチアート、そしてPRONGのメイン・マン、トミー・ヴィクターの両名の名が挙がっている。

ソウルフライとのツアーも多いPRONGのトミー・ヴィクターは「俺達はSOULFLYとのツアーで素晴らしい時間を過ごしてきた。今回、一緒にスタジオに入れるって事は本当に名誉な事だし、とても嬉しいよ。オレが参加したこの楽曲はとにかく最高だし、キラー・トラックである事に間違いない」とコメントしている。

新作についてマックス・カヴァレラは、「MINOR THREATとSLAYERの『Reign In Blood』とSOULFLYをミックスしたような感じ」「前作の『Conquer』よりもアグレッシヴ/攻撃的になっている」と発言、非常に期待が高まるところだ。

『Omen』はロードランナー・ジャパンより2010年にリリース予定。

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報