久本雅美、歌手デビューした妹・朋子の「CD買って」と土下座で懇願

ツイート
久本雅美の妹で、日本テレビ系オーディション番組『歌スタ!!』から念願のデビューを果たした久本朋子が11日、東京・お台場のヴィーナスフォート2F教会広場でデビュー記念イベントを行なった。

◆応援に駆け付けた姉・マチャミと妹・朋子の2ショット

久本朋子は、一般と同じやり方でカラオケボックスから同番組に応募。見事オーディションを勝ち抜いてデビューを射止め、12月9日にデビュー・シングル「Days~気づかれない想い~」をリリースした。

この日は折りしもヴィーナスフォートに都心初のアウトレットがオープンしたとあって、たくさんの人で賑わっていたことから、イベントが始まるころには800人が教会広場に集まる盛況ぶり。また、デビューへの道を開いてくれた作詞作曲の市川淳氏も駆けつけ、お祝いムードに包まれた。

多くの人で賑わう中、事務所の後輩・夙川アトムの司会でイベントがスタート。「45才になってまさかデビューできるとは思っていなかった。いまでも毎日が夢のようです」と感慨深げに語った久本朋子は、まずはデビュー・シングルのカップリング曲「Nostalgia」を披露した。その後、応援に駆け付けた姉の久本雅美が登場。姉が見守る中、デビュー曲の「Days~気づかれない想い~」を熱唱した。

「Days~気づかれない想い~」をすでに着メロにしているというマチャミは、「もう歌は覚えていて、私のほうがうまく歌えます」と観客を沸かせるなど、完全バックアップモード。「CD買ってください!」と妹のために土下座までし、親バカならぬ姉バカぶりを見せた。

そんな姉の応援に朋子は、「今の私だから、人に届けられる歌を歌い続けていきたい」と決意表明。終演後の囲み取材では、「自分が紅白に歌手として出場し、姉が司会だったら親孝行できますよね。」と将来の目標として大きな夢を語った。

2010年1月からは全国でイベントを行ない、歌声を届けていく。

「Days~気づかれない想い~」
UPCH-80156 ¥1,100 (税込)
2009年12月9日発売

◆久本朋子 ユニバーサルミュージック公式ページ
この記事をツイート

この記事の関連情報