ドラマ『ラブ・レボリューション』劇中歌がSoulJaの手でリバイバルヒット

ツイート
「ここにいるよ feat.青山テルマ」や「そばにいるね」といったヒット曲を生み出したSoulJa。彼の新曲「Way to Love ~最後の恋~ feat. 唐沢美帆」が、レコチョク着うた週間ランキングで2位を獲得した。

◆「Way to Love ~最後の恋~ feat. 唐沢美帆」のCD情報

「Way to Love」といえば、2001年に放送されたフジテレビ系ドラマ「ラブ・レボリューション」(主演:江角マキコ)の劇中歌として大ヒットした唐沢美帆の楽曲。今回の「Way to Love ~最後の恋~ feat. 唐沢美帆」は、SoulJaと唐沢の手により「Way to Love」に新たな息吹が与えられ、当時よりももっと切なく美しい名曲に生まれ変わった。なおSoulJaは、「Way to Love」をピックアップしたことについて、この曲の<私 恋に落ちていく途中>という恋愛の途中を歌った歌詞が当時珍しく、あまりなかったので強烈に印象に残っていたという。

耳馴染みがありながらも、より切なく美しい楽曲。モバイル歌詞検索サイトでも「Way to Love ~最後の恋~ feat. 唐沢美帆」への検索が集中し、12月有線の問い合わせも殺到しているらしい。またYouTubeでも2週間足らずで7万回近く視聴されている。

May J.の「Garden feat. DJ KAORI, Diggy-MO', クレンチ&ブリスタ」やTOKYO NO.1 SOUL SET × HALCALIの「今夜はブギー・バック」などなど、昔の楽曲が2009年の音とともにリバイバルヒットする状態が続いている昨今。「Way to Love ~最後の恋~ feat. 唐沢美帆」もこれら楽曲に続くヒットとなるビッグヒットかもしれない。




◆SoulJa 2009(オフィシャルサイト)
この記事をツイート

この記事の関連情報