ASKA、究極のセルフカヴァーベスト発売決定

ツイート
クリスマス・スペシャルライヴ<昭和が見ていたクリスマス>(名古屋公演:12月15日、東京公演:12月17日、18日、大阪公演:12月21日・最終日)では、ビッグバンドを引き連れての豪華なステージを披露したASKA。参加した誰もが“みんなで幸せの顔をした”ライヴの興奮冷めやまぬうちに、セルフカヴァーアルバムをリリースするというニュースが届いた。

◆ASKAの最新アーティスト画像

2月10日にリリースが予定されているアルバム(タイトル未定)は、“ASKA究極のセルフカヴァーベスト”と銘打たれた作品。収録予定曲は、ミリオンセラーとなった「はじまりはいつも雨」、そして同曲のカップリングだった「君が愛を語れ」、さらにアルバム『NEVER END』収録曲の「月が近づけば少しはましだろう」と、ちあきなおみに提供し、アルバム『SCENE』ではセルフカヴァーした「伝わりますか」といったASKAソロ楽曲に加えて、CHAGE and ASKA楽曲から「LOVE SONG」、「恋人はワイン色」、「DO YA DO」、「WALK」のシングル曲と、「PRIDE」、「天気予報の恋人」(両曲ともアルバム『PRIDE』収録)、「風のライオン」(アルバム『RHAPSODY』収録)、「お・や・す・み」(アルバム『熱風』収録)という12曲がセレクトされている。

さらに、このアルバム収録楽曲をいち早く聴ける完成披露試聴会が、2010年1月23日に開催されることも発表された。この企画では、レコーディングスタジオでレコーディング時の環境そのままに、マスター音源を聴くことができるイベント、とのこと。“レコーディング時の環境そのままに”とあることから、レコーディングに使われたスタジオが使われるのではないか、と推測できるが、現在のところ場所は“都内某レコーディングスタジオ”と表記されているのみ。

なお、この完成披露試聴会への参加には、ユニバーサルミュージックが発行するASKAメルマガに登録(登録無料)が必要。登録した方の中から抽選で、幸運にも選ばれた方々のみが、誰よりも早くアルバムが聴けるという。応募締切は2010年1月11日で、PCからでも携帯電話からでも登録可能。ファンは、アルバムのクレジットなどで見慣れた字面のスタジオのどれかであることを信じて、オフィシャルサイトでメルマガに登録し、チャレンジしてほしい。

【ASKA ライフタイムベストソングス 『タイトル未定』】
2010年2月10日発売
UMCK-1347 3,000円
■収録予定曲:はじまりはいつも雨/LOVE SONG/恋人はワイン色/DO YA DO/WALK/PRIDE/天気予報の恋人/風のライオン/君が愛を語れ/伝わりますか/月が近づけば少しはましだろう/お・や・す・み(順不同)

◆ iTunes Store ASKA(※iTunesが開きます)
◆ASKA オフィシャルサイト(CHAGE and ASKA)
◆ASKA オフィシャルサイト(ユニバーサルミュージック)
この記事をツイート

この記事の関連情報