ラテン、オペラ、テクノが交差する、菊地成孔のLIQUIDROOM公演決定

ツイート
2009年12月4(金)、5日(土)、師走の渋谷Bunkamuraオーチャードホールを熱狂の渦に巻き込んだ、菊地成孔率いるストレンジ・ラウンジ・オーケストラである、菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール。彼らの次なるステージが恵比寿LIQUIDROOMに決定した。

オペラ歌手の林正子をゲストに迎え、クラブでアフロ・パーカッションを従えて本格的なアリアを聴かせるという日本に類例を見ないライブになるが、更に対バンとしてworld's end girlfriend & BLACK HOLE CARNIVALの出演が明らかとなった。

<カルペンティエル地下文学賞>と銘打たれた当イベントは、圧倒的な音楽世界で他を圧倒するこの顔合わせによって、ラテンと現代音楽とテクノ、そしてオペラが交錯するダンサブルな狂騒の一夜になることであろう。ご注目を。

<カルペンティエル地下文学賞>
2010年2月4日(木)
恵比寿LIQUIDROOM
Open/Start:19:00
Live:菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール/world's end girlfriend & BLACK HOLE CARNIVAL
Guest:林正子
DJ:菊地成孔/日向さやか
Ticket:2009年12月26日(土)一般発売開始
adv. ¥4,000 door ¥4,500(税込・別途要ドリンク代)
◆チケット詳細&購入ページ
[問]サンライズプロモーション東京 Tel.0570-00-3337

◆菊地成孔オフィシャルサイト
◆菊地成孔マイスペース
この記事をツイート

この記事の関連情報