次世代ヴィジュアル系が集結したカウントダウン

twitterツイート
今回で3回目を迎えた、年越しライヴ・イベント<Over The Edge>。毎年、ヴィジュアル系の注目のアクトが集結するが、2009年は特に若手中心のラインナップ。その勢いを体感すべく、大晦日の真っ昼間にも関わらず、開演時から大勢のオーディエンスが詰め掛けた。

◆<Over The Edge 2009>画像

記念すべきトップバッターはゾロ。「貴方の御命、頂戴します!」というお馴染みの台詞が暗闇から聴こえると、一斉にオーディエンスが立ち上がる。1曲目は「KITSUNE」。お立ち台の上で龍寺(Vo)がハンドクラップを煽れば、タイゾ(G)もソロを弾きまくる。大きな声援を浴びながら龍寺は「凄いな。そのテンション忘れちゃダメだよ」と言って、「ライオンベイビイ」へ。さらに、テンション高く龍寺が客席にマイクを向ければ、たつひ(B)も笑顔でコブシを振り上げた「warp」と続き、あっという間にラストナンバー「DYNAMITE FLAVOR」。たつひと一緒にみんなで飛び跳ねて、ライヴを締め括った。

続いては早くもセッション。ミッシェル・ガン・エレファントの「SMOKIN' BILLY」のイントロと共に幕が開くと、ギターに圭(kannivalism)と健一(メリー)、ベースに長谷川正(plastic tree)、ドラムにЯyo(ギルガメッシュ)が姿を現し、さらに「東京!」という絶叫でこのセッションの中心人物であるヴォーカルの大佑(the studs)が登場し、歌いだす。2曲目はhideの「DICE」。全員が2曲とも見事に完コピなのは、バンドマンに多大な影響を与えたバンドの楽曲ならでは。そしてトドメは、
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報