エイベックスの原点『SUPER EUROBEAT』シリーズ、元日に通算200枚目の快挙を達成

ツイート
「この200枚に至るまでに出来た副産物がたくさんある。だから、やめない。たとえ売上が1枚になっても」── 松浦勝人(エイベックス・グループ・ホールディングス代表取締役社長)

今まで数々のダンスミュージック・ムーブメントを仕掛けてきたエイベックスの代表的コンピレーション、『SUPER EUROBEAT』シリーズが、2010年1月1日にシリーズ通算200枚目という金字塔を打ち立てた。国内のコンピ盤としては異例の快挙だ。

◆『SUPER EUROBEAT VOL.200』のCD情報・収録曲

浜崎あゆみ、EXILE、倖田來未、東方神起など、数々の大ヒット・アーティストを輩出してきたエイベックス。しかし、今のエイベックスの原点ともいえるのが、20年前、松浦勝人が自ら初代ディレクターとして立ち上げた『SUPER EUROBEAT』シリーズだ。以後、ほぼ毎月リリースを重ね、数々の国民的ムーブメントを巻き起こし、約10年前のVOL.100、VOL.110のリリース時にはオリコン1位、セールス70万枚を記録。過去に1度は手に取ったという人も多いのではないだろうか。

2010年元旦リリースとなった『SUPER EUROBEAT VOL.200』は、過去20年間にリリースされた3000曲以上の楽曲の中から厳選されたヒット曲100曲に加え、ayumi hamasaki、MAX、Every Little Thing、倖田來未、dream、東京プリン、D&D、m.o.v.e、TRINITY、TRF、globe、相川七瀬、Hiroko Anzai、キーヤキッス、day after tomorrow、HINOIチーム、KEN MATSUDAIRA、TOKYO CALL PROJECT featuring Kwenji Hayashida、TOP OF GRAVURE、はるな愛、CLUB PRINCE、AAA、GIRL NEXT DOORといった、エイベックスの大ヒット・アーティストのユーロビート・リミックス50曲を収録。ユーロビート・ファンのみならず往年のエイベックス・ファンも聞き応え充分の内容だ。

さらに特典映像DVDでは、初代ディレクターの松浦勝人がエイベックス立ち上げ当初の制作秘話や『SUPER EUROBEAT』にかける熱い思いを自ら語っている。

あくなき探究心で常に新しい音を求めてきたエイベックスの、そして日本のダンス・ミュージックのルーツでもある『SUPER EUROBEAT VOL.200』。200作品という重みをぜひ確認してみてほしい。
この記事をツイート

この記事の関連情報