コールドプレイ、楽器の大処分セールで3000万円以上をチャリティに寄付

twitterツイート
2009年12月、コールドプレイが<The End of Decade Clearout Sale(10年の終わりの一掃セール)>と題し、楽器やメモラビリア52点をeBayでオークションにかけ、総計25万1,482ポンド(約3,770万円)もの収益があったそうだ。これは全て、トラウマを抱える子供たちを支援するチャリティ団体Kids Companyに寄付される。

オークションには楽器、器材のほか、フロントマン、クリス・マーティンが初めて所有したアコースティック・ギター、デビュー作<Parachutes>ツアーで使用していたギター、その『Parachutes』のアルバム・カヴァー撮影で使われた地球儀、各シングルやアルバム・カヴァーの限定リトグラフ、最新の<Viva La Vida>世界ツアーで着用されたアーミー・スタイルのジャケットなどレアなアイテムが出品され、メンバーのサインが入っているものも多かった。

オフィシャル・サイト(Coldplay.com)によると、6アイテムが1万ポンド(約150万円)以上の値をつけ、中でもジョニー・バックランド(G)所有のVivaギターが最高値1万5,000ポンド(約225万円)で落札されたという。

バンドは予想を上回る収益に「興奮、感謝、驚いており、一掃セールが成功するのに一役買ってくれたみんなに大感謝している」という。

Ako Suzuki, London
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報