IMALU、デビューシングル「Mashed potato」ビデオでは“不思議の国のIMALU”に

twitterツイート
1月13日のCDデビューに向け、注目が高まるIMALU。そんな彼女のデビューシングル「Mashed potato」のミュージックビデオが、撮影時の模様とともに明らかになった。

◆IMALU「Mashed potato」ミュージックビデオ

撮影時にスタジオに組まれたのは、不思議な世界が表現された大掛かりなセット。三角形のメインセット内のガラスケースに閉じ込められているIMALUには、上から吊るされた大きな糸巻きから伸びたカラフルな毛糸が無数に絡みつき、囚われの身となっている設定だ。

まさに不思議の国のIMALU(?)といった独特の映像世界とグッドロッキンでエレクトロな曲調のシンクロ。撮影当初、IMALUは「初のPV撮影で凄く緊張しています。リップシンクとか、どうアクションをするかとか、今回初めてのことが多いですが、監督をはじめ、スタッフの皆さんと一緒に作れることが楽しみです。」と、緊張気味ながらも熱く意気込みを語った。

この非現実的な設定の映像にあわせて、登場人物のファッションもかなり個性的。IMALUは矢印が模様になっている青と白のワンピース。毛糸の束に拘束されているその姿はポップでアヴァンギャルドな印象。この格好については「本人も“意味わからないような感じ”(笑)が気に入っています!」と話している。

監督はアートのシーンで注目を集めている新進クリエーターの三嶋章義(みしまあきよし)。なお、この曲のプロデューサーを務めたHi-standardの難波章浩も映像に登場しているので、ハイスタファン、難波ファンもチェックしてみてほしい。

ちなみに、このPVが撮影されたのは、2009年の12月24日クリスマスイブから25日の早朝までというメモリアルなタイミング。撮影途中にクリスマスケーキでお祝いする一幕もあったが、とはいえ、撮影が終了したのはなんと朝の8時30分。12時間以上に渡り立ちっ放しでパフォーマンスを続けるという、普通に考えても体力的にかなり過酷な状況だったはずだが、撮影が進むにつれて表情に自信が溢れていくあたりはさすがIMALUといったところ。撮影終了後には、「めちゃくちゃ楽しかったです!最初はちょっと不安で、緊張していましたけど、多くのスタッフの協力で無事に終了することが出来ました!」と撮影前とはうって変わって自信に満ち溢れたコメントを残し、その後、クリスマスをということもあり、本人からスタッフに感謝の挨拶とともにシャンパンで乾杯、無事撮影を終えた。

なお、「Mashed potato」の着うたフル(R)は、1月6日よりレコチョクにて独占先行配信されている。

◆IMALU、ミュージックビデオ撮影時の模様・画像
◆IMALU オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon