元ニュー・オーダーのピーター・フック、ファクトリーを再開

ツイート
元ニュー・オーダーのピーター・フック(B)が1月末、Factory Recordsのオフィス跡地にクラブFAC251:The Factoryをオープンする。1978年、トニー・ウィルソンによって設立されたFactory Recordsは、ジョイ・ディヴィジョン、ニュー・オーダー、ハッピー・マンデーズらを世に送り出し、ハシエンダという伝説のクラブもオープン。80年代に巻き起こったマッドチェスター・ブームの中心的役割を担った。

フックは新しいクラブをマンチェスターのバンドが育つ場所にしたいとBBC 6ミュージックで話している。「新しいグループを通じて、音楽を広めていきたいって思ったんだ。マンチェスターのニュー・バンドはちょっと虐げられているんじゃないかと思ってたから。だから、音楽がキーの古き良き会場を作って、彼らが育つチャンスを与えたいっていうのがアイディアだ」

ハシエンダは財政難に陥り1997年に閉鎖したが、フックは新クラブをビジネスライクに経営していきたいという。

フックは2009年秋、ハシエンダの共同経営者とともに、タイトルだけ見ると皮肉にも思える『The Hacienda: How Not To Run A Club』という本を出版している。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報