ストーン・サワー、次作を占うにはあまりに「?」なゴキゲン動画

twitterツイート

ストーン・サワーが、アルバム製作のためスタジオに入ったようだ。2010年夏のリリース向けてのスタジオ入りである。

「ストーン・サワーのアルバムを作るのが待ちきれないほど楽しみだよ。既に、俺達が過去に作ってきたものよりも、何千倍も良くなるっていう手ごたえを感じてるんだ。再びニックと手を組むってのも、ゾクゾクするし、恐ろしいものになるんだろうなって予感させてくれるよ。そう、2010年はストーン・サワーの年になるよ」──コリィ・テイラー

存分に期待できるコリィのコメント、実に完成が楽しみだが、そんなワクワクがブーストするのか、はたまた不安に陥れられるのか、おいおい大丈夫か?というゴキゲンな動画がアップされている。どうやらクリスマス前に撮影されたものらしいが、正常なのか異常なのか、そこにはニューアルバムの行方を占うにはあまりにファンキーな様子が収められている。コリィ・テイラーとロイ・マイヨルガの愉快な仲間たち、少なくともバンドは最高のコンディションであろうことは、間違いなさそうだ。


前作『Come What(Ever) May』より元ソウルフライのロイ・マイヨルガが加入し、さらなるパワー・アップを果たした彼らだが、プロデューサーには前作『Come What(Ever) May』同様、フー・ファイターズ、ヴェルヴェット・リヴォルヴァー、アリス・イン・チェインズなどを手がけた事で知られるニック・ラスクリンシズを迎えての製作となっている。
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon