ジョン・トラボルタ、被災者を助けるためハイチへ

twitterツイート
ジョン・トラボルタがハイチ地震の被害者を助けるため、ハイチに飛ぶ準備をしている。パイロットの資格を持つトラボルタは、先週火曜日に起きた地震で混乱に陥っているハイチを助ける為に迅速な対応を行なっており、彼に続く人々が出てくる事を祈ってならない。

「何人かのボランティアを連れて支援物資と薬と一緒に出発の準備を進めている。」「僕の行動が他の人を動かす事が出来ればと思っている。みんなの手助けが必要なんだ。」

トラボルタだけでなく、多くの一流有名人達が、ハイチを支援している。ジョージ・クルーニーは「ホープ・フォー・ハイチ」というテレビ基金イベントの発起人となり、ボノ、ジャスティン・ティンバーレイク、そしてアリシア・キーズにパフォーマンスを依頼した。この3人のミュージシャンの他にも、イベントには40人もの有名人が出演し、クルーニーとハイチ出身のウィクレフ・ジーンの司会で1月22日、番組は多くのアメリカテレビ局で放映される。

そんなクルーニーは先日ゴールデン・グローブ賞授賞式に出席し、多くのハリウッドスターたちが出演してくれることを期待してた。『アップ・イン・ジ・エアー』の演技で最優秀男優賞にノミネートされていたクルーニーは「多くの有名人に出演依頼するにはうってつけの場所だよ。頑張って説得してみる」と番組への抱負を語った。同じく授賞式に出席したペネロペ・クルーズも、何万人もの死者、けが人を出したハイチ地震について言及した。「誰でもこの機会に自分も何か出来るという事を思い出す事を考えて欲しい。ほんとうに小さな助けでも。全てのことがハイチの人たちを助ける事が出来るわ。」

BANG Media International
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報