陽水の娘、依布サラサがシングルマザーとしての子育てを初告白

twitterツイート
井上陽水と石川セリの娘で、シンガー・作詞家の依布サラサが1月19日、NTV系列「踊る!さんま御殿!!」に出演し、現在シングルマザーとして6歳になる娘を子育て中であることを初告白した。

19日の放送は「切っても切れない仲間たち特集!」と題し、仲の良い芸能人同士がペアで計6組登場。サラサは芸能界の「二世・三世会」仲間である大沢あかねとのペアで出演。大沢やサラサが開催しているという「二世・三世会」には、明石家さんまと大竹しのぶの娘・IMALUもメンバーとして名を連ねていることから、さんまは「(IMALUは)元気してた~?、ちょっと娘の機嫌を損ねて連絡が取れないので…」と切り出し、会場の爆笑を誘った。

同番組初登場のサラサは、大沢から「こう見えてもサラサちゃん、もうお母さんなんですよ~」と話題を振られ、現在6歳になる娘がいることを素直に初告白。さらに、既に(離婚して)シングルであることも告白し、いずれもバツイチであるさんま、ゲスト陣のココリコ・遠藤章造、東国原英夫宮崎県知事らと意気投合。ココリコ・遠藤(元妻はタレントの千秋)とは、子供同士が友達であることも披露した。

現在は千秋が子供を引き取っており、子供とあまり会っていないのか、遠藤もすかさず「(うちの子供は)元気してた~?」と切り返し、場内はさらなる爆笑に包まれた。

その後サラサは、大沢やさんまからうながされ、父・陽水のものまね「お元気ですか~?」を披露。これが全く似ていないとして、さんまらに突っ込まれ赤面する場面も。さんまはテレビカメラに向かい、陽水のものまねで「IMALUちゃん、お元気ですか~?」と呼び掛けるなど、番組は終始和やかに盛り上がった。

「二世・三世会」のメンバーには、大沢あかねや依布サラサ、IMALUの他に、関根勤の娘・関根麻里、石橋貴明の娘・穂のか、矢沢永吉の娘でロックユニットthe generousのボーカル・yoko、大和田獏と岡江久美子の娘・大和田美帆らが名を連ねているという。

◆依布サラサ・オフィシャル・サイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報